北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

もうかります!の話の前に、コレを必ず確認しましょ。

2021.11.17 (水)

 

きのうは
午前中は不動産関係の方と

午後は業界の大先輩と
IPO(株式上場)やM&Aに
関するお話をしておりました。

不動産・IPO・M&A。

この3つに共通する
キーワードといえば?

そう。

「投資」です。

そして投資という
キーワードから
連想されるもの
多くの方の関心事は?

ぶっちゃけて言えば

「いくらもうかるのか?」

ですよねえ。

ま、当然のことですし
お客さんもそれを求める。

ので、業者もつい

「これくらい儲かる想定です」

ことをメインに話をする。

が、昨日であったお二人は
そうじゃなかったんですねえ。

もうけ話(の内容)の前に

「御社はどうありたいですか?」

を必ず確認するようにしていた。

午前中に
話しを聞いた不動産事業者は

「この物件、利回り●%」

とお客さんへ案内する前に

「御社は財務体質を
どのようにされたいのか?」

をまず確認している。

私的には言われて納得だし
じつに真っ当だなと感心したが

これ、そうそう
出来るもんじゃないですよ。

だって下手したら
お客さんから

「んなもん余計なお世話だ!」

なんて言われて
ご機嫌を損ねちゃうかもしれない。

が、それでお客さんの
機嫌が悪くなり
ビジネスにならなくても

仕方ないと
腹をくくっているんですよ。

正論でキレイごとに
聞こえるかもしれないですが

このスタンスを貫き
結果、トラブルは皆無
業績も好調を維持しています。

なぜなら
本当の意味での
お客さんの課題解決をしてるから。

午後お話しした
業界の大先輩である
Kさんも同様のスタンスだった。

「言うは易く行うは難し」

は百も承知なれど

安きに流されることなく

お客さんが

「どうありたいのか?」を

真摯に確認をし理解すること。

長い目で見れば
こちらの方がはるかにお得。

新たにであったお二人から
改めて学ばせていただきましたm(__)m

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください↓
https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク