北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

偶然を成果(売上)に結びつける秘策?誰でもできるよ。けど、、、

2021.11.05 (金)

 

岐阜県関市と聞いて
皆さんはなにを
思い浮かべるでしょうか?

鎌倉時代より
多くの名工、刀匠を生んだ

日本有数の刃物の名産地が
岐阜県の関市なんですね。

で、なぜ岐阜県関市が
刃物の名産地になったのか?

地図を見れば一目瞭然ですが
同地は関東と関西の間にあり
絶えず戦があった場所。

つまり、戦道具である
刀のニーズが常にあり
刀匠が集まりそれを保護したから。

なんて話をきのう
同地に本社をおく
三星刃物(株)の渡邉社長から
https://bit.ly/31mdgbx
お聞きしたというわけ。

皆さんの話の
ネタにでもなれば幸いです(^.^)

が、今日の本題じゃなくて(爆)

渡邉社長の名言に
深く感じ入り
激しく同意したのが本題。

それは・・・・・

「偶然は求める人の
 前にしか立ち寄らない」という言葉。

いまでは自社ブランドを確立し
プロの料理人からも
高く評価される包丁づくりなどで
地歩を築かれた三星刃物さんですが

ここにいたるまでは
多くのものづくり
中小企業が直面した

プラザ合意による
急激な円高の進行や

人手不足などの問題に
同社も翻弄されてきた。

それらをどう克服して
今に至ったのかを
きのうは詳しくお聞きしましたが

それを要約した言葉が
前段で紹介した

「偶然は求める人の
 前にしか立ち寄らない」

具体的にいえば

著名なプロのシェフや
誰もが知る大手企業など

ビジネスを拡大するうえで
どうしても取引したいが
ツテもなければコネもない。

そんな方々に対して
Webサイトの
問い合わせメールから
アプローチしたり

メールや電話が
わからなければ
手紙を書くなどして
取引のきっかけを作っていった。

へ?なんだ?それだけ?
そんなこと、誰でもできるじゃん!

はい。そのとおり。誰でもできる。

でも、どうでしょう?
わが身をふりかえり
反省をこめていいますが

その、誰もができることを
実は意外にも誰もがやっていない。

と思うのは、私だけでしょうか。。。

「無視されたら心折れるよなあ」

「嫌われたらどうしよう。いやだなあ」

「そんな効率の悪いこと、意味ないよ」

などなど

やらない言い訳が山ほど
頭の中をよぎるんじゃないかしら?

そう。

「できない」のではなく

「やらない」だけなんですよ。

そして「やらない」ことで

みすみす
幸運の女神の前髪を
つかみ損ねているといえる。

渡邉社長の

「偶然は求める人の
前にしか立ち寄らない」

という言葉を
私はそのように受け止めました。

今年も残すところ
2か月を切りましたが

皆さんもぜひ
「やらない」を「やる」に。

頭と行動を
切り替えてみてくださいませ。

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください↓
https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク