アーカイブ
archive

お客さまのニーズは「普段使い」の中に。

2019.06.20 (木)

 

 

お客さまに対する「特別感」を演出した

「おもてなし」。

無論、必要なことですし
旅行や観光で各地を訪れる
国内外のお客さまが

そういった期待を抱き
ニーズがあるのは当然だと思います。

が、最近思うのが
国内外から訪れてくださる
そういったお客さまを

各地域の「日常」や
 「普段使い」から「セパレート」

しない方がいいんじゃないかと。

 

意図的とか、排他的とか
いう意味じゃなくて( ;∀;)

いや、うちの店とかは
外人さんとか
観光客向きじゃないとか

商品やサービスを提供する側が
自分で遠慮しちゃうみたいなコトです。

無論、万人受けとか
全てに当てはまる話じゃないのは
承知の上で申し上げておりますが

私なんかも
変に気を使われることなく
地元の皆さんが普段使いする

ダッシュで食べる
定食屋さんとか結構好きなので(笑)。

福岡に来て毎度思うのが、このマチは
路線バスとか、定食屋さんとか

「日常」で「普段使い」するトコに
インバウンドのお客さんが

そこかしこで「アタリマエ」に
溶け込んでいるんですよね。

 

なので、周囲も
変な気を使う空気、ゼロ(笑)。

 

でもね、これが
たまに仕事でくる私なんかには

「日常」に「活気」があるなあって
感じちゃうんですよ。

 

英語のメニューだ!
スマホ決済導入だ!

とか「サービスツール」としては
モチロン、大切ですけど

先ずは「カオスな交わり」を恐れず

 

「来るもの拒まず」

で、いいんじゃないかと。

 

特別な設備投資も
 多額な先行投資も不要ですから。