アーカイブ
archive

「面」に「点」を打ち、「点」を「線」で結ぶ。

2019.06.05 (水)

 

 

久々に3日間滞在した名古屋。

普段は現地のパートナー
O君と車での移動がメインですが

今回はO君が出張中につき
地下鉄&徒歩での移動がメインでした。

自分が如何に、名古屋の地理や
方向感覚を掴んでなかったかを痛感。

 

自分で運転してるならまだしも
O君との移動では助手席専門なので(汗)。

 

モチロン、お客さま都合が
 何よりも最優先ですけど

同じところを行ったり来たりして
もうちょっと、効率的に
訪問できたんじゃないか的な

反省と振り返りがありました。

つまり、今までの私は
名古屋の「点」しか知らず
  「点」だけを見て

知ってたつもりになっていた。。。

 

本来は、自分の手を使って

「面」の上に
 「点」をプロットして
   それを「線」で繋ぐ行為を

「他人任せにしてました」ってコト。

俗に「段取り八分」

と言われますが、その通り。

 

で、肝心の段取りは
 「面」⇒「点」⇒「線」かなと。

お客さま訪問の
順番を決めるだけじゃなく
思考の整理にも役立つ

反省と振り返りなのでした。