北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

2021年で最大125人!を、数百、数千、もしかしたら1万社が奪い合っている!

2022.05.14 (土)

 

きのう某行政機関さんと
スタートアップ&ベンチャー支援に
関する意見交換などをしたんですが

やはり、
あの課題が俎上にのぼった・・・

読者の皆さんには
もはやおなじみかもしれない

「CFO(最高財務責任者)」

が、地域に、周囲に「いない」。。。

席上でも
話をさせてもらいましたが

私が主に活動している
札幌・名古屋・東京・福岡のみならず

全国共通の課題と言って
過言ではない・・・・・

なぜなのか?

過去にも幾度かふれたが
おさらいを兼ねて書くと

スタートアップや
ベンチャー企業が必要とする
IPO(新規株式公開)の

経験や実績をもつ
CFO人材は絶対数が少ないから。

具体的に言えば
昨年(2021年)に
IPOを実現した会社は125社。

誤解をおそれず言い切れば
昨年、新たに125人のCFOが
誕生したということになる。

んが、この125人が
すぐに転職したり
独立するわけでもない。

上場した後(こそ)
CFOはやることが
たくさんありますしね。

そして
統計数字などがなく
私の現場感覚だが

おそらく労働市場に
でてくるCFO人材は

多くとも1年間で
20~30人といったところでしょう。

これを全国の
数百社?数千社?
もしかしたら1万社?の

ベンチャー企業や
スタートアップが
奪い合う構図になってる。

そ、つまり皆さんは
「ないものねだり」を
しているというわけです。

厳しいことを言うが
まず、このシビアな現実を
直視してくださいませ。

で、どうするか?

については
後日、書きたいと思います。

____________________

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク