北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

引退と勇退。ぶっちゃけ、どっちが得か?

2021.05.22 (土)

 

さて、おとといから続く
ハゲタカシリーズ?も今日で一段落。

(過去二日分のブログは下記を
ごらんくださいませ↓)

(↓なぜ、ハゲタカはこないのか?)
https://bit.ly/3hHFxPX

(↓ハゲタカを撃退できる一文とは?)
https://bit.ly/2RG2SHh

で、昨日
M&Aにおいて不本意な結果になる理由は
もっと別なところにある。と書きました。

さあ、なんだと思います?

今日はもったいつけずに
答えを書きますねw

それは・・・

「あなた(売主)に
断ることができる心の余裕がありますか?」です。

オーナー社長が高齢かつ病気など
会社の先頭に立ちたくても
立てない状況になったりとか

資金的に追い詰められてからなど

ようは、相手(買い手)と
交渉できる余地がない
もはや断れない弱みがある状況に陥って

M&Aの取り組みを始めたら
不本意でも断れなくなりますよね。

言うは易く行うは難しなのは
重々、承知したうえで申し上げますが

特に事業承継を
考えているオーナー経営者は
M&Aの取り組みを

「そんな条件はのめないよ!」と

断れる余裕がある段階から
徐々にはじめることを強くおススメします。

M&Aを考えるタイミング
「引退」の時ではなく
「勇退」くらいがちょうどいい。

コロナ禍が長期化するなか
追い詰めらてからの相談が
徐々に増えているので警鐘をこめて。

ご相談は下記までお早めに!
https://bit.ly/3kG6ylL

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください↓
https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク