北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

会社をやめると、あの権利は、なくなっちゃうというわけ。

2021.05.15 (土)

 

さてさて
昨日はせっかくいただいた

ストックオプションの権利を
放棄しちゃたんですわー(泣)なんて

話しを書いたんでございますが↓
https://bit.ly/3eMwLhD

なんでそんなことになったのか?

理由は、会社を辞めたから(爆)。

どういうことかというと
ストックオプションの税制適格要件ってのがありまして。

税制適格要件とは
定められたいくつかの条件を満たすと

ストックオプションの権利行使をして
株を取得し、さらにその株式を
売却して利益を得るまでは
税金はかかりませんよー。というもの。

で、税制適格要件を満たす条件の1つに

ストックオプションの
権利を与えられるものは

それを発行する会社の
取締役もしくは従業員であること。てのがある。

だから、会社をやめると権利はなくなるというわけ。

なんだそれなら
辞めなければよかったじゃんか?

とか

なんでやめちゃったの?

を教えろよー!という方は
下記まで「教えろ!」とご連絡ください。
個別にご回答いたします(笑)。
https://bit.ly/3kG6ylL

ま、私の悲しい?
思い出ばなしはここまでにしてw

この決めごと
会社側にたって考えれば大事です。

なぜならストックオプションを
渡したそばから人材が流出したら
本末転倒もいいところですから。

でも昨日も書いたとおり
権利行使価格が市場価格より高い

誤解をおそれずに言いきると

つまりはストックオプションが
単なる紙くず当然になれば

人材をつなぎとめることに
なんらの意味をなさないことは
ご理解いただけると思います。

市場という見えざる手
自社でコントロールできない
リスクがあるとはいえ

ときにストックオプションは
諸刃の剣になるということ。

そしてこれは
会社の資本政策がいかに
大切かということでもある。

返済計画も立てず
返すあてもない金を
借りたらあとで
えらいこっちゃー!に

なるのと同じくらい
いや、それ以上に資本政策は大事。

なんたって
やり直しがききませんから。。。

そのあたりについては
また日を改めて
お伝えしたいと思いますので
今日はこのあたりで(^.^)

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください↓
https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク