北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

ビジネスの成否は、あの三文字が左右する。

2021.03.30 (火)

 

あらたにご縁をいただいたO社さん。

とあるIT系のサービスを提供してます。

いやあ、皆さんお若い!

私のカウンターパートであるAさんは31歳。

経営陣も社員も20代と30代。

こんなことを書いちゃうと
イケイケどんどん系の
ベンチャー企業にありがちな
ノリなんじゃねえの?

なんて思われるかもしれませんが
いやいやどうして
感心するくらいキッチリしている。

礼儀礼節はモチロンのこと
プレゼン資料もわかりやすく
サービスメニューも
しっかりと作りこんである。

ホントに今の若い方からは
学ぶことが多いですよ。

俺ももっと頑張らなんとなあ(汗)
なんておのずと思わされちゃう。

そして何よりもGoodなのが
その場で決めて即実行すること。

Zoomで話しながら
お願いした資料や情報など
こちらが動くために必要なものが
すぐに届く!

もちろん事情は各社各様ですから
その場で返事ができないこともあるし
持ち帰らなきゃならんこともある。

そりゃ私(弊社)だってありますよ。

が、お客さんからいただいた
お題を持ち帰るときには
必ず「期日」を自ら申し出ないとね。

え?そんなの当たり前でしょ!

でも実際のところ
できていないことがあるのでは?

なんてことを反省しつつ思った( ;∀;)

だって食べ物を
デリバリーで注文する時とか

お届けまでにかかる時間が
速い順に選んだりとかしませんか?

あの店のあのメニュー以外は
絶対にダメなんだ!てな
こだわりがあれば別ですけれど(^.^)

実のところは
お客さんが商品やサービスを
選んでくださる大きな理由の一つは

期日が明確であること。

大化けする予感がしている
新進気鋭のAさんと話をして
あらためてそんなことを思ったのです。

いま一度
自社の商品サービスの提供のあり方を
そんな視点でもチェックしてみてくださいね。

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク