北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

10年後には多分こうなるかなあ。が今、とつぜんにやってきた?

2021.03.14 (日)

 

きのう(3月13日)は
私にとっては年に一度の
お楽しみ?な日だったんです(^^;)

もったいつけずに告白すると
JRのダイヤ改正が行われた日。

大多数の方には
興味も関心もないことですよね。。。

スミマセン(:_;)
鉄男なもんで、今日はご容赦をw

例年ならば

どこそこの路線に新型車両がデビュー!

とか

スピードアップや増発で
より一層、便利に快適になります!

といった明るい話題が中心なんですが

今回は、恐らく鉄道に
何らの関心がない方々も
テレビやネットでご覧になったとおり

終電を繰り上げます!

とか

運航本数を減らします!

など、なんともまあ
鉄男としては寂しい限りでございます。。。
なんて私の郷愁とわがままはさておき(汗)

いくら公共性が高いとはいえ
JRも一部をのぞき株式を上場している
営利企業ですからね

需要に応じて供給を減らすなどして
経費を削減しませんとね
会社はもたないし株主にも文句いわれる。

いわば当然のことをしたまでのこと。

でも、いつの日かコロナ禍も収束し
ふたたび通勤ラッシュも復活し
インバウンドが増えるだろうから

それまで持ちこたえるために
今は忍の一字で辛抱だ!

皆さんはどう思われますか?

私?うん。そう「思いたい」
個人の感情、願望としてはね。

でも
そんな感情や願望で物事を見通すことが
以下の言葉を聞いて
いかに危険なことかを反省した次第。

10年後に想定していた
 あまり来てほしくしない未来が突然あらわれた」
(JR西日本の長谷川社長のコメント)

つまり
そもそも人口減少や人手不足といった
コロナ禍とは関係ない構造問題で
いずれは今回のような減便などを
せざるを得ない時が来ることは予期していたが

それがコロナ禍という
予期せぬ事態で準備する間もなく
一気に押し寄せてきたということを
おっしゃられたのだと私は解釈しました。

なんだかネガティブな
ことばかり書いちゃって申し訳ないですが(:_;)

でもお互いに経営者たるもの
データや裏づけから目を背けず

「思う」と「思いたい」を
冷静に切り分けてとらえたいですね。

なんてことをヒトリ
マニアな郷愁を胸に考えたのでしたw

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク