アーカイブ
archive

手続きそのものが、目的化した末路。

2018.10.16 (火)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【10月16日(火)】

<ダイジェスト>

新横浜と

鴨居を往復してから

久方ぶりに錦糸町へ。

夕方、錦糸町から

品川へ行き

品川から夜半に再び新横浜へ。

 

曇りな秋の一日とはいえ
冬物のスーツでは
昼間はチト、暑かった(笑)。

 

 

 

<時々刻々の記>

朝、2週間ぶりの再会となる
クライアントのフランス人の
Eさんと新横浜で合流し

積もる話を車中でしながら
一緒にクライアントのオフィスへ。

午前中はご相談事項への
対応やミーティングをしつつも
デスクワークでタスクに集中。

 

12時半過ぎに
クライアント先を出発して
電車を

乗り継ぎ

久方ぶりに錦糸町へ。

2時間半ほどを要して
各種の手続きを済ませた後は
来た道を再び戻って品川へ。

 

品川駅でクライアントのEさん
新たにお仕事をご一緒するFさん
長年お世話になっているHさんと合流し

 

打ち合わせと決起集会?的な
お食事会(呑み会)を。

 

20時前にお食事会は終わり
Fさんを品川駅でお見送りして

EさんとHさんと
至近のお店で軽く?呑み直して
21時半過ぎにお開き。

 

品川駅から新幹線に乗って
22時過ぎに新横浜に到着。

ホテルに戻って

速攻爆睡な
一日でございました(笑)。

 

 

 

________________________

■<2>手続きそのものが、目的化した末路。
________________________

本年の半ばから
外国の方々とお仕事させて頂くことが
非常に増えてきて

 

今更ながら(汗)
新鮮な気付きや学びを
沢山頂戴している日々を過ごしています。

 

 

16日の夕方にご一緒させて頂いた
お三方のうち、ヒトリはフランスの方ですが
残りのお二方はバリバリの日本人。

 

お二方とも人生の大先輩な上に
英語にもご堪能で
長年、然るべきお会社で

 

海外での駐在やビジネスを
取り組まれてきた方々です。

 

自身のつたない体験と
お三方の話を総合して
改めて猛烈に痛感したのが

 

日本における各種の
事務手続きが何かと煩雑で
特に海外のヒトにとっては

 

難解なことが多く
何故、そんなことを
せねばならんのかが

 

ロジック的に理解できないことが
多いという現実。

 

勿論、それを全て盲目的に
「そうだ!そうだ!」と
同調はしませんが

 

そう受け止められている
「状況」には危機感を強く感じます。

 

外国の方の心が
離れていくのみならず

 

我らが同報までもが
「もう、いいや」的に呆れ諦める

 

必要性を真に考えない
 手続き自体が目的化したプロセス。

 

 

「アタリマエ」をサラの目で
  見つめ直して改善しましょう。

____________________