北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

独占禁止法違反のおそれあり!と(ついに)近く公表されるそうですよ。

2022.01.27 (木)

 

独禁法違反のおそれあり!

という見解が
近く正式に出るようですね。。。

新規株式公開(IPO)時に
証券会社などが企業と決める
公開価格を一方的に
実態よりも低く設定することで

資金調達を妨げるのは
独占禁止法違反のおそれがあると

公正取引委員会が
近く公表する報告書に
記載するとのこと。

(1月26日付 日経新聞を抜粋引用)

業界関係者と
茶飲み話をするときは
話題にもなってましたし。

立場によって賛否両論
いろんな思いが
うず巻いていると思います。

過去20年、私も
IPO準備会社のCFOとして
そのど真ん中でもまれましたし

独立後も
クライアントのIPO前に
喧々諤々の議論の渦の
ど真ん中に身を置いてますので。

上記のドラマを
全部文字起こししたら
明日の朝になっても
終わらないので(笑)

いずれまた!として(汗)

今日、お伝えしたいのは

安さに飛びつくだけの人は
1円でも安いものが他にでたら
すぐにのり換えまっせ!

ってこと。

ま、こんなこと
私が言うまでもなく
われわれの日常でも
あふれかっている話。

消耗戦を
戦い抜くだけの
あり余るヒトモノカネを
御社がお持ちであれば

他よりも1円でも安く!

で、勝負し続けるのも
アリかもしれませんがね。

少なくとも私は嫌だわ(爆)

だってあり余る
ヒトモノカネもないしね。

さきに

「CFOとして
そのど真ん中でもまれ」

なんて書いたので
1つだけ忘れられない体験を

簡単に紹介しますと
上場後に某個人株主から
電話をもらって応対した。

あれこれと質問をうけ
回答をさせてもらったんですが

最後に一言

「ところでおたくの会社って
何の商売をしてるんだっけ?」

私は心中で絶句しつつ
ちゃんと回答はしましたけど
じつにむなしかったですね。。。。。

そう。某個人株主にとっては
会社がどんな理念をもち
どんな商売をやっているかなんてのは
どうでもいい話で

「1円でも配当金が多いか?」

「1円でも割安に株を買えるか?」

「1円でも高く株を売れるか?」

にしか、関心がないというわけ。

もちろん、こんな株主さん
ばかりじゃないですから
これしきでやさぐれはしませんが

どうでしょう?

御社の丹精込めた
商品サービスには
何の思い入れも関心もなく

「1円でも安くしろ!」

「1円でも安ければいい!」

だけを要求するお客さんと
取引をし続けた先に
御社の未来があると思いますか?

垰本は柄にもなく
ときどき青臭いことを言うねえと
思われる方もいるでしょうが

私の経験上で
もうしあげれば

株主との関係性も
ビジネスにおける顧客との
関係性もある意味で一緒だと
思っているもんですから。

安さ「だけ」を
求める相手とは
早々にオサラバすることを
強くおススメしたいのであります。

 



スポンサードリンク