北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

看板をかけ替えただけで、今までと同じじゃないの?そう思われるのも・・・

2022.01.13 (木)

 

いやはや、手厳しいですなあ。

きのうの日経の論調をはじめ
業界関係者からも似たような声が
いくつもあがっており

私の周りでも話題になりました。

って何が?ですねm(__)m

4月に実施される
東証の市場再編の話。

現在の東証一部を
基準を厳しくして
プライム市場と名前を変え

海外マネーを
一層呼び込もうとしているが

看板をかけ替えただけで
実態は今までと
おんなじなんじゃないの?

なぜなら基準を
満たさなくても
プライム市場に
上場できる例外規定があり

300社近い会社が
それを活用してるじゃんかと。。。

(参考:日経電子版は下記より↓)
https://s.nikkei.com/3zTwXEN

私?そうねえ。
その通りで反論の余地なしかなw

丹念に制度をみていくと
市場の魅力を高めるため
細かな配慮や変更がされており

全部が全部、ダメだとは思わんが
今日のところは
それらを語るのはやめておき

業界にたずさわる一員として
今後も推移をウォッチしていきます。

ま、今回の件を
一言でいっちゃえば

いわばお客さんに対して

「看板だおれ」

だと思われてしまった。

別な言い方をすれば
お客さんが抱いていた
期待を裏切っちゃった。

ってことになるんだと思う。

こんなこと書くと
期待値をあげると
ろくなことがないから

慎重にセーブした
表現をしなきゃね。

なんて思う人も
いるかもしれない。

でも、それ一辺倒じゃ
そもそもお客さんに
見向きもされないなんて
ことになりかねない。

かくもさじ加減は難しく
誰もが絶対的な正解を
持っているとも思えないが

だからこそ常に
そして永遠に

自社の商品サービスと
看板を一致させることを

やり続けなければならない。

なんてことを
あらためて思った次第。

おたがい、看板と中身に

「ずれ」がないかどうか

しっかりと点検したいもんです。

 



 

スポンサードリンク