北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

ココが空いちゃいますとね、アチラが飽いちゃいます・・・

2021.01.18 (月)

 

オンライン上で
売り手と買い手が出会うM&Aの動き。

代理人として現在進行形の
案件を複数対応しておりますが
ますます動きが活発になってきました。

昨日も買い手から
質問状のチェックをふくめ
色々と相談を受け対応しておりました。

ただ、途中まで
顔が見えない不安や
交渉に不慣れな方も多いので

私が実際に対応しながら
こうしたほうが良いかも!

なんて気づきをシェアします。

それは
売り手も買い手も相手から
メッセージを受信したら
まずは素早くレスポンスする

つまりは溜めないこと。

M&Aをおこなう際に
買い手が売り手に対して
デューディリジェンス(調査)をおこなう時

たいてい質問内容や
欲しい資料をリスト化するんですが
これを作って送るまでのあいだ

なんのやり取りも生じないと
顔が見えない分、売り手は不安になる。

あれ?もしかして
フェードアウトされちゃった?みたいな・・・

売り手には売り手の事情が
当然ある訳ですから
上記のような気持ちになれば
ほかの買い手候補にアプローチします。

このあたりのスピード感
相手の動きの切り替わりは
従来型のM&Aとはずいぶん違うなと。

1週間程度
互いにやり取りが空いただけで
ほかの相手に優先交渉権を
取られちゃったなんてこともある。

ま、でも
よくよく考えると
これってオンライン上の話に限らない。

リアルであっても
当たり障りなく「検討します」って
言うだけじゃあねえ・・・

その場で結論を即答できないことは
M&Aにかぎらず色んな場面であります。

書けば至極当然なんですが

結論を即答できない時は
結論を出す「期日」を必ず答えること。

これをするかしないかで
個別の話のみならず
その後の取引関係や信頼関係が
左右されるといっても過言ではない。

なので必ず「期日」を、明確に相手に示しましょう。

~お知らせ~
会社と事業の「買い方」と「売り方」を
初めての方にもわかりやすくお伝えします。
(↓下記動画をご参照ください↓)
https://bit.ly/3j4Jjjt

※セミナー・研修・コンサルティング
(対面・オンラインどちらでもOK)のお申し込みは
下記までお気軽にお問い合わせください※
https://bit.ly/3kG6ylL

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB