北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

個人で小さなM&A。するときに一番、大事なものは何でしょう?

2021.01.12 (火)

 

ノンビリゴロゴロ
惰眠を貪った連休でしたがw

週末起業ならぬ
週末M&A?的な動きがありました。

売り手も買い手も個人なので
(一人で会社経営・個人事業主を含む)

平日のオンタイムにがりがりと
M&Aのことばかりできないわけです。

私は買い手の代理人兼アドバイザーで
売り手とのフロント対応をしていますが
売り手からの回答や質疑が週末に集中します。

なので「週末M&A」と勝手に命名(^.^)

ま、こんな与太話はさておき(汗)
小規模で個人で営まれている
会社や事業を買いたいと思われている方へ

ここ半年ほど個人間M&Aの
サポートを幾つかさせてもらい
気づいたことを1つシェアします。

それは売り主から例外なく
「なぜうちの会社・事業に
 興味を持ってくださったんでしょうか?」

と冒頭に質問されること。

当初はあまり気にも留めず
クライアントと二人三脚で
正直に回答して話を進めてましたが

あるときふと
ん?コレ、何かに似てるなあ。と。

そう、企業の採用面接で
志望動機を聞かれるのに似ている。

何故?どうして?
うちに興味を持ってくれたの?
を売り手が確認し腹落ちしてから

売買価格もろもろの
実務交渉に進んでいくというワケ。

M&Aに手慣れた方や
大きな金額での取引が主体の方からすれば

何を眠たいことを!と
一喝されるやもしれませんね。

もちろんその意見は否定しないし
それなりの規模のM&Aでそんな話を
する必要性はほとんどないとも思う。

が、個人で営む事業や会社は
良くも悪くもノウハウや価値が属人的。

つまり仕組化やシステム化で
事業が回るようになっていない。

なんでね思いや価値観を共有して
きわめて属人的で泥臭い引継ぎをしないと
売り手も買い手も不幸になるケースが多い。

なので私のもとに
会社や事業を買いたいです!って
ご相談に来る個人の方には

何故?どうして?その事業を?
という思いを文書に書いていただいています。

受け取ったあとはしっかり読ませていただきますが
私がする添削は誤字脱字や文法の誤りを正すだけ。

相手に刺さる!
相手を説得する!には?なんて添削は一切しない。

失礼な言い方かもしれないけど
外見だけ取り繕っても、話が進んで
顔を突き合わせることになれば

かならず、ほころびが出ますから。

M&Aの活発化は喜ばしいですが
単なる株式投資の延長線上
利回り商品の1つ的な考えで

取り組むと大やけどしますよ。

余計なお節介ですが
最近チョイと気になるので
今日はこんなことを書いてみました。

良ければ下記も参考までに見てね(*^^*)

会社と事業の「買い方」と「売り方」を
初めての方にもわかりやすくお伝えします。
(↓下記動画をご参照ください↓)
https://bit.ly/3j4Jjjt

※セミナー・研修・コンサルティング
(対面・オンラインどちらでもOK)のお申し込みは
下記までお気軽にお問い合わせください※
https://bit.ly/3kG6ylL

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB