北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

金のタネが落ちている場所は、どこ?→ココ。

2020.12.06 (日)

 

去る12月4日の参議院本会議で
全会一致で可決成立した「労働者協同組合法」

【ご参考(下記)東京新聞Web】
https://bit.ly/2JFVLKL

先日、非営利法人設立の
ご相談を受けたこともあって
個人的に関心をもっていました。

労働者協同組合法によって
どんなことができるの?
どんなメリットがあるの?

などについて以下に簡単に書きます。

1)組合員が資金を出し合って運営にかかわる

2)非営利の法人形態

3)NPO法人よりも簡単に設立(許認可不要)

4)様々な事業を行える(労働者派遣事業は除く)

など。

そして昨日の北海道新聞では

「後継者がいない中小企業への活用も」

と書かれていました。

私なりに解釈すると

後継者がいない中小企業の
従業員の皆さん方みずからが

組合を設立(出資)して
事業を運営(経営)する。

一人で全部しょい込むのは
資金的にも荷が重いけど
複数でそれを分散して担う感じかな。

法律の施行はまだ先で
当然ながら事例もありませんが
機会をみつけて実務その他に
トライしてみたいと考えています。

なぜならば、やってみないと
メリットもデメリットも本当のところが
わかりませんから。

私が運営する
テトラフォース・パートナーズは
「有限責任事業組合(以下、L.L.P.)」という形態。

日本でも2005年にL.L.P.設立の
根拠となる法律が制定されましたが
私たちが2007年に設立したさいに
殆ど事例がなくて四苦八苦しました(汗)。

が、おかげさまで?
マイナーではあるものの
L.L.P.を設立したい!など
お仕事になりました(*^^*)

あなたの困りごとや悩みは
他のだれかにとっても
困りごとや悩みごとかもよ。

そしてそれは、ビジネスの種になる可能性が高い。

そんな種を、お互いに探して花開かせましょ。

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB

スポンサードリンク