北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

顧客が納得する最大の方法は、やっぱりコレだなあ。

2020.11.13 (金)

 

ベンチャーキャピタル業界の
大先輩でもあるKさん。

私の一回り上ですから
今年、還暦を迎えられました。

今どき60歳で引退なんてのは
まずないですが

業界では常に「初」の
チャレンジをされている。

例をあげれば、東証プロマーケットへの上場を
最小規模かつ、最短スケジュールで果たされ

アメリカでは
有名企業も多く採用していますが
日本ではほとんど事例がない
多議決権の種類株式を発行されたりと

いやはや、本当にチャレンジングです。

そんなKさんからお声をかけていただき

北海道と東海地方において展開する
コラボ事業の準備を現在、おこなっております。

光栄であるとともに
緊張で背中にピリリと電気が流れております(爆)。

そんなKさんの口癖であり
かつ、実践をされていることが

「お客様にお勧めすることは
 まず、自分がやってみる。」

まったくもって同感。

なぜなら
お客さんに対する説得力が圧倒的に違いますから。

私が主力業務として手がけている一つに
IPO(株式上場)の支援がありますが

お客様が私を支持して下さる
大きな理由が、私自身が
CFOとして2社のIPOを実現したから。

私どものような
IPOやM&A、ファイナンスなどの
コンサルティング業界だけでなく
ほかの業界でも一緒ですよね。

知識はあって当たり前。
いわばエントリーの大前提。

そのうえで経験と実績がなければ
お客様に響くことはないと思う。

でも誰だって最初は初心者マーク。

創業したての会社が
そうであるように
生みの苦しみは半端でないです。

私だって28歳の時に
初めてIPO準備に放り込まれたとき
周りが何を言っているのか
さっぱりわかりませんでしたし(汗)

メルマガなどでは
とても書けない冷や汗もんの
大失敗など、いくつもありました。。。

ま、こちらについては
いずれの機会にクローズドセミナーでも
やろうかと思っておりますので、その際にはぜひ!なんて(^^;)

話を戻してまとめると
還暦の大先輩が今もって
常に新たなことにチャレンジし

その結果や成果、経験を
ビジネスにして展開されている
事実が目の前にある。

 

20代、30代の若手のみならず
我々40代も、先輩である50代、60代も
経験の殻だけに閉じこもっている
場合じゃないと思いませんか。

半分、自分に言い聞かせていますが
お互い、現下の閉塞感に負けず

自分の自社の経験や知識を
コンテンツなり商品にして売りましょう!

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB