北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

2年後に昇格できなくなる?そのようですね。そして一昨日からは。

2020.11.03 (火)

 

IPO(株式上場)の準備に
関するお手伝いをしている関係で

ここ最近
お客様などから質問を受けたり
意見を求められることが増えている

とある件について
今日はまとめてみたいと思います。

おとといの11月1日から
東京証券取引所(以下、東証)が

東証マザーズや東証2部に
すでに上場している企業が
東証1部へ昇格するための基準を

新たに東証1部に上場する基準と統一しました。

概要については
下記の日経新聞の報道が分かりやすいので
ご興味のある方はご覧くださいませ。
https://s.nikkei.com/3oPpAIL

そうですね、今回の件を
別なことにたとえるならば

付属校から大学に進学する時も
一般入試で大学に入る時も
同じ試験を受けて合格しないと
入学できませんよ。みたいな感じかな。

すでにマザーズや2部に上場して
1部への昇格を狙っていた会社からすれば

ええー!マジかよ・・・
直接1部に上場するよりも
内部で昇格する方が楽だったのに( ;∀;)

目算が狂っちまったわ
なんて話もチラチラとお聞きします。

あ、ちなみに予定では
2年後の2022年から昇格という
概念もなくなる見込みです。

ふたたび例えるならば
付属校からの内部進学はなしよ。

マザーズや2部からから1部へ
市場を替わるためには
新規上場と同じ手続きが必要になる。

そんな背景もあって
焦りを見せている
上場準備会社もありますが

いまさら焦っても仕方がないし
やるべきことを淡々粛々と
落ち着いてやったほうがいいですよ。

と、私は常に申し上げています。

確かに東証1部上場って聞くと
何だかすげえ会社だなあって
イメージがありますけれども

ではお聞きしますが
皆さん、東証1部上場企業を
何社、ご存じでしょうか?

本日現在で2,131社ありますが
全部が全部、名前なんかワカリマセン。。。

俗に人財採用で有利になる!とか
いろんなメリットが言われますが

名前も知られていないのに
そもそも人財が応募してくるのか?

なんてことを思うわけです。

とまあ好き放題、放言しましたが(爆)

あらためて思うのは

上場とは
目的を達成するための
手段の一つであるということ。

資金調達が目的ならば
マザーズでも充分できますし

うちは上場企業だ!って
ステータスを手に入れることや

銀行借り入れの個人保証を外したい!

が目的ならば
東京プロマーケットで満たせますし。

あちらこちらで
言われ続けていて耳タコでしょうが

何のためにそれをするの?(目的)

達成するために何をするの?(手段)

を、はき違えないよう
お互いに定期的にチェックですね。

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://bit.ly/354PpeB