北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

始まるまえは抵抗があったが、いざ始まってみると?

2021.07.24 (土)

 

東京オリンピックが
いよいよ始まりましたね。

きのうの開会式
皆さんもテレビでご覧になりました?

私?事務所で仕事中でしたが
やっぱりそりゃ、見たいですもんw

ので
直前になってあわてて調べたら

NHKプラス(下記)で
https://bit.ly/3wWlr8N

ライブ中継していたので
じっくり集中してとは
いきませんでしたけれど
見ることができました(^.^)

コロナ禍での開催に賛否両論。

いろんな意味で初物づくし
異色の状況下でのオリンピック。

中身や是非は別にして
後世に残るアーカイブとなり

私も健在のあいだは
きっと忘れることはないでしょう。

なんて
とりとめのない話はさておきw

テレビの街頭インタビューで
道行く方がこたえた内容が
私にはすごく印象的だった。

「開催するまでは抵抗があったが
いざ、はじまってみると
空気感を楽しんでいる自分がいる。」

このコメントを聞いて
私があらためて思ったのが

「外のちから」の重要性。

あ、外圧とかいった
ネガティブな感じじゃなくて
いい意味ですので、誤解のなきよう。

人間だれしも
未知や変化をさけて現状を維持したい
現状維持バイアスがあります。

もちろん私だってあります。
むしろ、その傾向が強いかもしれない。

別に悪いことじゃないし
現状維持でなんの問題もなく
幸せに暮らせるのであれば
変える必要なんてない。

とはもうせ
世の中の価値観や
顧客ニーズは変化しつづけている。

それらに対応しなければ
個人も会社も現状維持すら
できないことも自明の理。

そんな理屈は
お前に言われずともわかっとるヽ(`Д´)ノプンプン

わかっちゃいるけど
最初の一歩を踏み出すきっかけが
なかなかつかめないんだよー!

ええ。そのとおり。私も一緒。

ということで私は
自分一人では
新たな取り組みなどに

なかなか
一歩を踏み出せないので(汗)

「外のちから」で
背中を押してもらっております。

そして一歩を踏み出してみると
たいていの場合

「ああ、早くやっとけばよかった」

なんて思いをいだく。

思うだけなら誰でもできるが
思い立ったが吉日で
行動できる人(会社)は少ない。

思いを行動に移すために
背中を押してくれる、よい外圧を
経営者は持っておきたいものです。

=======================
【みんなの銀行】口座開設で1,000円プレゼント!
※スマホからしかダウンロードできません※

以下のリンクからアプリをダウンロードし
口座開設時に紹介コードを入力してください
ダウンロード:https://www.minna-no-ginko.com/open-account/
紹介コード:JvqRKYmq
=======================

スポンサードリンク