北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

よくあるトラブルの原因は、●●政策を考えていないから。

2021.07.14 (水)

 

よくある話?なんて言ったら
怒られちゃいそうですが(汗)

先日も「どうしましょ?」って
相談を受けたもんですから

中小ベンチャー企業が
エクイティファイナンスにおいて

(※エクイティファイナンスとは?
新株を発行して資金調達をすること)

「ああ、やっちまった・・・」

と後悔し
あとで苦労する話をしたいと思います。

創業して間もないころは
たいてい親戚縁者などが

出資をしてくれるのが
今も昔も多いんじゃないかと思う。

で、問題はその時の株価の決め方。

今回相談をうけた内容。

発行済株式数を
増やしたくないという理由から
結構、高い株価で
親戚縁者などが株を引き受けた。

そして今、
相談者の事業性が評価されたこともあり

事業拡大を加速するため
プロ投資家から資金調達をすべく
準備をすすめているなかで

プロ投資家からは
その株価、すなわち前回
相談者が親戚縁者などに
引き受けてもらった株価では受けられません。

●円まで下げたら受けます。と言われた。

ま、確かに株ってのは
皆さんご存じのとおり
元本保証なんぞはないですから

先に買った人よりも
あとから買った人の方が
安く買えるなんてことはザラにある。

でもねえ、人間の感情は別。

なんで創業間もないころに
リスクを取って応援した私らよりも

後から入ってくるプロ投資家が
引き受ける株価の方が安いんだよ!

納得いかない。買い戻せ―!

なんてトラブルの種になったりする。。。

こういった問題を
起こさないためにも大切なのが

「資本政策」なんですね。

資本政策とは?を
書き出すときりがないので
今日は詳細に触れませんけれども

そうねえ。一言でいえば

「ゴールからの逆算思考」

となりますかね。

前向きなことに
会社のリソースを全投入するためにも

「ゴールからの逆算思考」
資本政策に限らず、何事においても
重要なんじゃないかしら?

なんてことを
難解な相談をうけて(汗)
あらためて思うのでありました。

=======================
【みんなの銀行】口座開設で1,000円プレゼント!
※スマホからしかダウンロードできません※

以下のリンクからアプリをダウンロードし
口座開設時に紹介コードを入力してください
ダウンロード:https://www.minna-no-ginko.com/open-account/
紹介コード:JvqRKYmq
=======================

スポンサードリンク