北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

御社と取引したい会社があります!って、それ本当なの?

2020.10.11 (日)

 

先日、クライアントのオフィスで社長と打ち合わせ中に

社員の方が「社長、東●商●リ●ー●からお電話です。」

と取り次がれ、私がどうぞ出てくださいなと申し上げ
席を外そうとしたところ

社長が「いいよ。聞いていて。」と
言われたので横で聞き耳立ててました(笑)。

先方の用件(結論)は
アポをください!会ってください!なんですが

前置きに、あの殺し文句を使うんですよ。

「御社と取引を検討している会社から
調査依頼が入りましたので
色々とお話をお伺いしたいんです。」

皆さんもこんな電話、受けたことありませんか?

そして「え、なんだろう?」
なんてドキドキしながら
面談しちゃったことありませんか?

ところが私のクライアントの社長は
毅然と次のようにおっしゃった。

「うちの決算書類をお送りしたけど
それだけじゃ不足ですか?」

「取引銀行にはすべて資料を出していますし
新たな銀行取引は考えていません。」

「いま新規で取引を、お願いしているところも
されているところもないんですけど。」

ここまでいっても相手もなかなか引きません。

まるで昭和の証券マン?顔負けの粘り腰でしたねえ( ;∀;)

その後も電話は続き、調査であれば電話やメールで
お願いしますと申しあげ、なんならこのまま電話で
質問してくださいと言ったのに

質問ゼロで電話が終わりました(爆)。

あれ?調査は・・・ですよねえ。

実はこの社長、前にも同じ手口を使われ

「んー。心当たりないなあ・・・」

と思いながらも面談に応じたら
調査とは単なるアポ取りの方便で
先方は自社のデータベースを
買ってくださいという営業だった。。。

という、苦ーい経験があるんです。

そして私も過去に同じ手を使われ( ;∀;)
データベースを売り込みまくられて
閉口した経験があります。。。

なので私も、以後は面談ではなくメールや文書で
お願いします。

もしご面談ならば、私はコンサルタントなので
タイムチャージで御社に報酬を請求します!

と申し上げたらね
二度と電話がかかって来なくなりました(笑)。

信用調査会社と聞くと
なんだかすごい権威があって
逆らったり言うこと聞かないと
えらい目に合うんじゃないかって思い

ついついドキドキして
相手の言いなりになっていませんか?

でも言っちゃあ悪いが、実態はこんなもんですよ。

だから別に、やましいことがなければ
へりくだる必要もなければ
なんでもホイホイ言うことを
聞く必要なんて全くありません。

お客さんにアポを申し込むときに言った用件と

実際に会ったときに話すことが違っていては
失望と不信を持たれて当然です。

次は絶対にないですよ。。。

信用調査会社が信用されなくなるって
シャレにも冗談にもならない。。。

皆さんの会社の営業やアポ取りなどで
こんな極端なことは
まずされていないと思いますが

アポが欲しい!売り込みたい!話したい!

その気持ち、わからなくもないですが
「言行不一致」だけはダメです。

そして言行不一致への
クレームが入るうちは、まだましな方でしてね

一番恐ろしいのが、お客さんや周囲のフェードアウト。

気づいた時には
お客さんや周囲の失望と不信が
回復不能な状態になりますので
くれぐれも自己点検と
第三者によるチェックをお忘れなく。

新特典を追加しました!
テトラフォース・パートナーズLINE公式アカウントの
お友だちになって下さった方には
『かんたんおまかせコスト0円!固定費新削減法!』
をプレゼントします。下記からご登録ください

https://peraichi.com/landing_pages/view/2nsfn