北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

「憧れ」を目標に設定する。

2020.01.03 (金)

 

 

 

正月三が日も最終日ですね。

 

 

とは言っても今年は明日から土日と、曜日の並びが良いですから

本格的なお仕事始めは、皆さん来週の6日からですかね。

 

 

私も三が日は日々のルーティンワークをこなしつつも、

平和にノンビリ、家族とテレビを見たりして過ごしてます(*^-^*)

 

 

で、今年も正月の風物詩「箱根駅伝」をガッツリ見てました(笑)。

青山学院大学が2年ぶり5度目の総合優勝で幕を閉じましたね。

しかも大会新記録で(凄)。

いやあ強い!オメデトウございます!!

見事に昨年の雪辱を果たしたわけですが

もう、このレベルに来るとライバル校の背中を追いかける的な

他者をベンチマークにした目標設定が出来ませんよね。

モチベーションの維持も大変でしょうし、他者から

ベンチマークにされるプレッシャーも半端ないと思います。

負ければ負けたで「黄金時代も終焉か」何て書かれたり(爆)。

 

 

トップに立った人や組織って、

どうやって「次」の目標設定を、されているんでしょうかね。

 

私が思うに目標設定は、トップであるか否かに関わらず

「憧れ」をベンチマークにするのが良いかなと考えてます。

 

駅伝で言えば諸先輩方の記録を1秒でも上回るぞ!とか。

 

 

もし自分が記録のホルダーだったら、

過去の自分を1秒でも上回るぞ!とかね。

 

 

モノや情報が溢れ、望むモノやコトが殆ど手に入る

成熟して豊かになった日本で、渇望の感情を持ち、

がむしゃらに頑張ることはナカナカに難しい。

 

 

が、世が移り変わっても「憧れ」の存在やあり方って

誰しもあるんじゃないかしら?なんて思います。

是非、アナタの、御社の「憧れ」を見つけて、

ベンチマークしてみて下さいね。