北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

なぜ「一番売れたのか?」を振り返る。

2017.05.07 (日)

こんにちは。
垰本泰隆です。

ゴールデンウィーク最終日。
午後から自宅周辺は結構曇ってきました。

過ごし易い気温になり、個人的には嬉しい。

明日からに備えて諸々準備やら、
読み書きをしながら一日を過ごしました。

何日か前に、素人の私が両面太陽電池
販売実績No1!なんて書きましたが、

振り返ると20数年の職業生活、
脈絡のない職歴ですが、
そこで学んだことが活かされたのかなと。
若いころの上司や先輩に、感謝です。

私が両面太陽電池のセールスをした際に
実践したこと、心がけたことは次の通りです。

1.面談の時は、聞くのが8割。話すのは2割。
2.宿題を貰う。
3.1回でも多く電話する、メールする、お会いする。
4.専門用語を使わない。
5.相手に理解してもらえる「例え話」で「商品」「サービス」を説明する。

「何のこっちゃ」
「そんなんで売れるかい」
とお叱りや反発もあろうと思います。

でも私は技術解説も、
論理的性能数値も説明していない。

コモディティになって
久しい太陽電池なのに、
一切、無理な値下げはしていない。

お読みいただいている皆さんの
営業の参考になれば幸いです。

不定期ですが、
こんな振り返りを
今後もしていきたいと思います。