北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

「エスカレーターから、ロスト」する恐ろしさを学ぶ。

2017.05.22 (月)

こんにちは。
垰本泰隆です。

今日も良いお天気。
最高気温、28度予想の福岡です。

午後から夜遅くまで外出続きなので、
早めに起きて、PCとにらめっこしてお仕事。

地元の新聞、経済誌なども斜め読みしつつ。

新聞には、あまり時間をかけません。

直感的に目についた記事を切り抜いて、
後でゆっくり読んだりするのが習慣です。

福岡にご縁を頂いて、早15年近くになりますが、
まだまだ、知らないことが沢山あります。

地元紙に「博多駅 変なエスカレーター」と、
惹かれる(笑)タイトルがありましてね。

地下鉄とJRを行き来する経路に、
途中までエスカレーターだけど、
途中から階段に代わる、
という摩訶不思議な場所がありますと。

あ、確かにあったな、
と思い出して読み進めました。

内容はざっくりと次のような感じ。

その理由は
「管轄」というか「所有者」が違うからだと。

まあ、「理解」はできましたけど、
「納得」はできないというか(笑)

事実、そこは避けて通っていたので・・・
ここで、ふと思ったのです。

「何故」そうなのかを
「ちゃんと」説明して、
理解してもらえないと、
これ、ビジネスや人間関係では、
えらいことになるなと。

「指摘」
をしてもらえるうちは、まだいい。

「気づき」
のチャンスを頂けるから。

でも、自分が取っていた行動に当てはめると、
「あればダメだ。もう二度と、使わない。」
と相手に伝えることなく、
離れちゃうわけです。

そうなったら、ビジネスも人間関係も、
気づかないまま、ロストしていく。

恐ろしいことです。
エスカレーターの記事で、戦慄を覚えました。

自省を込めて、
合間に櫛田神社でお参り&おみくじ。
→大吉!