北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

「仙台」への道は「北海道」にあった!

2017.05.17 (水)

こんにちは。
垰本泰隆です。

いやー。
札幌は久々良いお天気!

今日からライラックまつり、
大空町では桜が満開!
なんて気持ちが明るくなるニュースを聞いて、
長旅に出ます。

第一弾は2017年初の、
杜の都、仙台です。

仙台の皆さんとのご縁を頂いて、
早いもので5年。

事あるごとにお声がけいただき、
お誘いいただき、感謝、感謝でございます。

今回のミッションは
明日のネタに譲るとして(笑)、
仙台とのご縁を作ってくれたのが、
これまた、北海道なのです。

最初は正直、半信半疑ですよ。
(関係者の皆さま、ご免なさい。)

北海道の実証実験を仙台で宣伝して、
効果あるんかいなと。

仙台あんまり雪、降りませんよと。

振り返れば、
己の浅はかさを恥じるばかりです。

私なりに解釈しますとね、
「北海道発」という、
我々中小企業がブランディングを貰って、
PRをさせてもらい、

「ほうほう、北海道ね。」

「へえー、こんなんあるのだ。」

と「認知」を頂き、
「広がる」きっかけを頂いたわけですよ。

事実、雪とは関係ない地域で、
弊社商品を採用いただくきっかけになりました!

そして仙台での「人の輪」は
仙台限定、東北限定でないのです。

そこに集う志を持つ全国の人々とも、
繋がるのです。

「やってみる」前に、
「まさか」「でも」
「どうせ」「だって」「しかし」

なんて「メンタルブロック」
していませんか?

自省を込めて断言します。

「やりましょう」
「やってから考えましょう。」

皆さんのビジネスや人間関係に、
良い効果を生みますよ!

さて仙台の夜に繰り出して、
酒税&消費税で貢献するとしますか(笑)。