その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【8月8日(水)】

<ダイジェスト>

仙台から

午後の飛行機で札幌へ。

 

七夕まつり最終日の仙台は

生憎の天気にもメゲズ
朝から多くの人出で賑わい

夕方到着した
新千歳空港も夏休みのせいか
大混雑状態でした、、、

 

 

 

<時々刻々の記>

朝は混雑を避けるため
チョイとノンビリしようと
思った目算は見事に外れ(笑)

電話とメールで
打ち合わせや相談のオンパレート。

 

一息ついて
仙台空港へ移動し始めるも
列車のトラブルで出発遅延(泣)。

正午前に仙台空港に到着すると

出発便は軒並み満席、そして
微妙な出発遅延(爆)。

 

 

そのお蔭?もあり
ラウンジでデスクワークが進み
出発の時を迎えると

北海道でお世話になっている
メインバンクの方より電話が入り
急遽、訪問決定!

 

13時半過ぎに
仙台空港をテイクオフして

15時前に新千歳空港に到着し

大混雑のJRで

札幌駅へ。

駅至近のメインバンクさんで
小1時間ビジネスミーティングをして
17時過ぎに札幌事務所へ帰還。

事務所で急ぎの事務処理や
電話などを済ませて
その後は再び、札幌駅へ戻り

お客さまのオフィスで

コーワークと打ち合わせ。

 

23時過ぎ、全ての課業を終えて
長い一日を終えたのでした!

 

 

 

________________________

■<2>伊達政宗公より続く「時を超えた教え」。
________________________

6日の月曜日夜から
2泊3日、滞在した仙台。

 

お子さん達は夏休みの最中とはいえ
普通の平日で、しかも天候には
残念ながら、全く恵まれない

そんな状況下で開催されていた

「七夕まつり」。

私は夕食時や
朝晩の仕事場への行き来の際に

「チラ見」程度でしたが(汗)

いやあ、賑わってました
というか、凄い人出(驚)。

 

今回、改めて知ったのは
この七夕まつりは毎年

曜日に関係なく
8月の6、7、8日の
三日間、開催されること。

 

福岡の博多祇園山笠とかも
同じように日にちを決めてたと
記憶していますが

何があろうとも
「ブレない」覚悟な感じに
感心してしまいました。

 

ビジネス的に考えれば
曜日や時間帯を考えて
集客動向を予測するとか

ついつい考えちぇうし
それもある意味当然ですが

「うちは、これで行くんだ!」と

内外に明確に宣言して
 それを貫き続けるコト
時と場合によっては必要かなと。

 

モノもサービスも情報も
巷に溢れすぎて

ナマナカナことでは
お客さまには容易に届かない
今の世の中で

勇気はとてもいるけど

 

「うちは、こうなんだ!」

 

「うちは、これで行く!」

 

と明瞭に決めて貫く大切さ。

 

仙台藩祖、伊達政宗公の時代より
400年の時を超えて続く

歴史と伝統が
語りかけてくれた気がしました。

____________________