北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

あのロングセラー商品の生みの親(デザイナー)は、ベンチャーキャピタリスト!

2022.03.27 (日)

 

きのうのNIKKEI
プラス1でも堂々の第一位!

abrAsus(アブサラズ)の薄い財布↓



キャッシュレス決済の普及で

ここ5年ほどで
ミニ財布と呼ばれる商品が増えているが

abrAsus(アブサラズ)の
薄い財布は草分け的存在で



2009年に発売され
2013年にはグッドデザイン賞を受賞。

この
ロングセラー商品の生みの親である

abrAsus(アブサラズ)
創業者兼デザイナーの
南和繁(みなみ・かずしげ)さん。

一見すると私とは
無縁の世界の住人だが
著者の前職はなんと
ベンチャーキャピタリスト!

という共通項に惹かれw
著作である

「ミニマリスト仕事術」↓

「薄い財布」の社長が明かす ミニマリスト仕事術 (大和出版)


を、読んでみた。

ミニマリストとは?

一般的には
最小限をよしとする人々のこと。

最小限にするとは?

無駄なものを
とことん排除すること。

ミニマリストを
みずから実践している
著者だけあって

書かれていることは
平易で端的、ズバリの表現と
じつに読みやすい本だった(^.^)

ミニマリストと聞けば
多くの人はモノを最小限しか
持たない人というイメージでは
ないでしょうかね。

それも正解ですが
それはあくまで一面のこと。

著者は
ミニマリスト仕事術の目的を

「薄い財布」の社長が明かす ミニマリスト仕事術 (大和出版)


「あなたはあなたが望む
快適な仕事スタイルを手に入れる」

とさだめており

その目的実現のために

・限られた時間を
どように自分が望むことに配分するか?

・自分にとって最優先!を
どうピックアップしていくか?

・やりたくない用事や仕事
誰かの指示を、どう回避していくか?

・自分にとってかけがえのない人を
どのように大切にしていくか?

・どれだけのお金を
本当に望んでいることの
ために使っていくか?

といった方法論を
著者の失敗体験や
実体験にもとづき著作で
シンプルに端的に語っている。

冒頭に紹介した薄い財布の



商品の背景にある
考え方も書かれており
よんでいてなるほど!

ロングセラーになる
理由がよくわかりました(^.^)

「ミニマリスト仕事術」↓

「薄い財布」の社長が明かす ミニマリスト仕事術 (大和出版)


現役のビジネスパーソンも
これからビジネスパーソンになる人も
一度、読んでみてくださいませ。

____________________

↓ビジネスに役立つ気づきを毎日配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク