Warning: Use of undefined constant news - assumed 'news' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hdn/hokkaidopvgs.jp/public_html/wp-content/themes/hpv/single-post.php on line 2

Warning: Use of undefined constant products - assumed 'products' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/hdn/hokkaidopvgs.jp/public_html/wp-content/themes/hpv/single-post.php on line 6
★Wake Up Hokkaido!★取材ツアー「日高・十勝編」その2~北海道庁主催 生産現地視察会~ | 北海道PVGS

その他
etc

 

 

 

<ダイジェスト>

浦河(うらかわ)町から

様似(さまに)町

えりも町

広尾町

大樹(たいき)町を経て

夜は1年3月ぶりに帯広市へ。

 

澄み渡る青空が広がり
夕方でも気温は18度と
この時期にしては暖かい一日でした。

 

<時々刻々の記>

「Wake Up Hokkaido!」

https://goo.gl/RE2RQr

取材ツアーの2日目は
朝9時、浦河町のホテルから

皆さんと一緒にバスで出発。

 

 

海沿いの道路を東に走り
約30分ほどの移動時間で
最初の訪問先、(有)花蘂(かしべ)水産さんへ。

(有)花蘂水産(かしべすいさん)

下條社長にお出迎え頂き
商品と店内をご案内頂いて(感謝)

臭みが全くない
絶品の「日高産灯台つぶ」刺身を試食!

 

下條社長、有難うございました(^^;)

 

花蘂水産さんに約40分ほど滞在後
再び東に移動して、えりも町の
(株)マルデンさんを訪問。

サイトトップ

日高が誇るブランド鮭「銀聖」の
焼き物、フライから始まって
タコ唐揚げ、タコバジル

イクラにジャーキーと試食祭り!

 

普段見る機会がない加工の工程や
冷凍庫へ入庫体験もさせて頂き(感謝)!
学び多き時間を過ごしました。

11時半前に再び移動を開始。途中の休憩スポットで

ここまでアテンドくださった
日高振興局の吉田さんとお別れ(泣)。

 

 

吉田さん、お世話になりました!
そして、ありがとうございました!!

 

 

その後は徐々に進路を北へ
バスで1時間ほどの距離にある
十勝管内の広尾町にある「鮨正」さんへ。

鮨正

人生初実食!
地元広尾で水揚げされた
極上の「ハモ重」を堪能(#^^#)

皆さんも広尾町にお越しの節は是非!

ここまで食べてばっかりで(笑)
マジで腹一杯状態で(爆)次なる目的「池下産業(株)」さんへ。

http://www.ikeshita-sangyo.co.jp/

 

滅多に見る機会のない
漁船の水揚げ風景に萌えつつ(笑)

その後は加工工場を見学させて頂き
冷凍モノの固定観念をぶち破る
大トロイワシを試食の僥倖(^^;)

(※工場内撮影禁止のため、写真はありません※)

 

 

14時過ぎ、再び30分ほど北上して
大樹町にある(有)大石農産さんへ。

http://www.oishinosan.co.jp/

 

 

大石社長にお出迎え頂き
海霧が運んでくるミネラルで育った
「清流だいこん」を試食!美味!!

蕎麦の実を間近で見たりと
滅多に出来ない体験をさせて頂きました(^^;)

 

 

15時半過ぎ、本日ラストの訪問先
「(株)たむらや」さんの大樹工場へ。

https://www.tamuraya.com/

 

 

マスク、帽子、白衣で防備して
大人の社会科見学、そして
十勝産のチーズを使用した

「チーズみそ漬け」の試食タイム!

という訳で、全訪問地で食べ続けるという(笑)

視察会は無事に全日程を終了して

17時過ぎに帯広空港まで
バスで送り届けて頂いて(感謝)皆さまとはここでお別れ。

 

 

企画・アテンドくださった
道庁の皆さま、生産者の皆さま
ご一緒くださった皆さま

二日間、本当にお世話になりました!!

 

 

その後、我々は空港でレンタカーを借りて
18時半、帯広市内のホテル着。

 

 

急ぎのデスクワークをしてから
20時過ぎにマチナカで繰り出して
昨年6月にもお世話になった

「農家バル」さんで夕食タイム。

カメラがトラブル続きでしたが( ゚Д゚)
結局は食べて結構呑んで(爆)

22時半過ぎにホテルへ帰還したのでした。