アーカイブ
archive

「仁木の菓子」は「仁木のフルーツ」で。

2018.11.09 (金)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【11月9日(金)】

<ダイジェスト>

札幌から列車で1時間半ほどの
仁木町(にきちょう)へ。

夕方再び戻った札幌は
雨降りとJRのトラブルで
混乱の最中でした。。。。。

 

 

 

<時々刻々の記>

朝から2時間ほど
デスクワークをこなしてから
11時過ぎに札幌を列車で出発。

小樽で

鉄男の旅ごころを刺激する(笑)
2両編成のディーゼルカーに乗り換えて

13時過ぎ、初めて降り立つ仁木(にき)駅へ。

降りた直後から、かなりの強風で(驚)
歩くのに難儀しつつ
徒歩圏内にある仁木町役場さまへ。

いつもお世話になっている
北海道銀行さまのご紹介で(感謝)

 

小樽支店からわざわざ
Sさまにもアテンド頂き、Sさまご一緒に
副町長のHさま、参事のSさまとご面談。

 

1時間ほどお打合せをして
足を運ばねば判らぬご教示も頂き(感謝)
お礼を申し上げて仁木町役場を後に。

再び仁木駅に戻って

列車を待ってると

突然の遠隔放送で(驚)

強風のため新札幌駅付近の
信号機が倒れてしまい

運休などが発生してますと(泣)。

小樽までは取りあえず定刻どおり

15時半前に到着するも

乗り継ぎ予定の列車は運休で

 

大混雑の後続列車に乗って

16時半前に混乱の最中
大混雑の札幌駅に到着。

安心したのか?そう言えば
時間の都合でお昼をちゃんと
食べてなかったこともあり

 

猛烈な空腹に襲われ(笑)
駅の構内で蕎麦を食べてから

17時過ぎに事務所へ。

 

その後は溜まりに溜まった
残務に向き合うこと5時間。

 

気づけば22時も回り
K社のTさんと施錠して
事務所を後にしてからは

いつものカンティーヌセルに直行して(爆)

一日(一週間)を振り返った?のでした!

新たな出会いに感謝・感謝!!

 

 

 

________________________

■<2>「仁木の菓子」は「仁木のフルーツ」で。
________________________

果樹栽培が盛んで
「フルーツ王国」として名高い
仁木町さんに初めてお邪魔しました。

アレンジしてくださった
北海道銀行さまをはじめ
お時間頂いた役場の皆さま

 

本当に有難うございました!

 

フルーツのイメージが強い仁木町ですが
実はトマトの作付が北海道で1番だったり
休耕地を活かしたワイナリーが増えていたりと

 

新たな学びと発見も沢山ありました(感謝)。

 

今回、私がお邪魔した目的は
北海道外のお客さまで
とあるお菓子の製造ノウハウに

 

長けている事業者さんと
北海道の生産者さんを
お繋ぎするキッカケ探し。

 

いろんな可能性を感じ
次の展開を考えたりしつつも

 

諸事情による生産者さんの減少や
収益面の問題で、
作物の転換が進んだりと

 

そらまあ、課題も多いワケです。

 

バランスや程度問題を考えつつも
やっぱり生産者さんや地域が

 

「価値」を「適正」に認めてもらわねば

 

「生産」と「供給」は当然ながら細っていくんです。

 

「良いものを安く」って
どっかのキャッチコピーじゃなくて

 

「良いものを適正に」で「持続可能」に

 

するために

 

やることは山積みだなと
札幌への帰途の車窓を見ながら
改めて感じたのでありました。

 

先ずは

 

「仁木のフルーツ」を

 

「仁木の菓子」に

 

するとこから
始めてみようっと(笑)。

____________________