北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

_________________________

◆ご縁ゴト◆ 
<2018.9.26 Vol.480>

 
「閉塞感を打破」する「原動力」。  

テトラフォース・パートナーズL.L.P.
https://goo.gl/6TdQGo

株式会社北海道PVGS
https://goo.gl/pw7Rfa

 
垰本泰隆(たおもと やすたか)

______________________

〜目次〜

■<1> 垰本泰隆の一日。

■<2>「閉塞感を打破」する「原動力」。    

■<3> 編集後記&お知らせ
______________________

こんにちは。

垰本泰隆です。

本メールマガジンは

ベンチャーキャピタルで

社会人生活をスタートし、

「株式上場準備の支援」

「中小ベンチャー企業の成長支援」で

20年超歩み続けている筆者が、

皆さまのお蔭で、

気がつけば全国各地で、

頂戴している沢山のご縁に感謝。

そんな垰本が

毎日の出来事や出会いから気づいた

「ご縁」に感謝して思う「コト」

『ご縁ゴト』

をお届けしています。

ご笑覧いただければ幸甚です。

★垰本泰隆 プロフィール
http://tetraforce.jp/member.html

★垰本泰隆 ブログ
http://hokkaidopvgs.jp/category/goengoto/

★Wake Up Hokkaido!
https://goo.gl/RE2RQr
https://bit.ly/2GKNo9y

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【9月25日(火)】

<ダイジェスト>

終日、東京都内をグルグル廻り
 ラストは22時間ぶりの羽田へ。

午後から雨足がかなり強くなり
 タクシー確保に難渋しました・・・

<時々刻々の記>

午前中は品川のホテルで
 デスクワークと電話での
  打ち合わせを。

嬉しい成約の報告を頂き
 気持ちも高ぶってホテルを出発。

隣接するシナガワグースで
 2か月ぶりの再会となる
  クライアントのFさん(ドイツ人)

Eさん(フランス人)、
 ダブルHさん(日本人)
  と合流して、ランチMTG。

ダブルHさんとは
 品川でお別れして
  FさんとEさんと一緒に

タクシーで永田町へ行き
 関係先への挨拶回りと
  打ち合わせを連チャンで。

ラストは赤坂で
 監査法人と打ち合わせして

チョイと体調が思わしくない
 Fさんを品川のホテルまで送り届けて
  金曜日の再会を約束して

私は羽田空港内のホテルへ。

8時間、英語漬けの
 打ち合わせが続いたせいか(爆)
  ドット疲れが出てきて

マスト残務を済ませて
 食事を済ませたら、撃沈(笑)。

雨にもマケズな
 濃密な一日でございました。

________________________

■<2>「閉塞感を打破」する「原動力」。
________________________

2か月ぶりの再会となった
 ドイツ人のFさん。

風邪気味で体調が
 あんまり優れなさそうなのに
  相変わらずパワフルで笑顔(凄)。

今回は前回と立場が変わり
 新たにグループCEOに就任され
  いの一番に日本に来日されました。

Fさんは日本語が
 殆どできない(でも、勉強中)ので
  私との会話は、片言の英語(私が。汗)

なんですけどね
 緊張するというよりも
  一緒にして、ワクワク楽しい感じ。

なので、言葉が多少通じなくても
 これからクライアントを支えていく
  日本側のサポートチームとの

初対面での会食や打ち合わせでも
 「場の空気」が非常に良くて
   話が弾み、そして前に進んでく。  

明るく楽しいだけが取り柄で
 中身ゼロとかは論外だけど

でもこの「場の空気」の善し悪しが
 ビジネスの関係や進捗に
  相当影響するのは事実かと。

  

偶然にも夜の移動中に
 某親方の退職騒動のニュースと
  それにまつわるマスコミの

論調と言うかコメントを聞いてると
 世界が違うといえばそれまでですが

「彼我の差」を感じて
  寂しい気持ちになります。

年齢も国籍も立場も超えて
 フレンドリーで快活で
  隙あらば?ハードワークに勤しむ

Fさんと久しぶりにご一緒して
 「閉塞感の打破」に微力ながら
   邁進し続けていかねばと。

そんなことを思った次第。

____________________

■<3> 編集後記
____________________

朝からビジネスや修学旅行の
 お客さまで混雑する羽田を後にして
  久方ぶりに稚内にやって参りました!

1泊2日の弾丸日程で
 北海道庁さま主催の
  生産者の皆さまを訪問する

視察会に参加させていただきます。

濃密な取材が出来るよう
 移動中は、寝るかも(爆)。

【ご意見・ご感想】お待ちしております。
 info@hokkaidopvgs.jp

____________________

■ お知らせ(ご提供サービスなど)
____________________

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

株式会社ゼータリンクスとの業務提携のお知らせ。

 https://goo.gl/wuTYXE

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<<各種コンサルティングサービス>>

1)IPO(株式上場)準備(関与先の多数が上場実現!)

2)営業支援(4年で売上、11倍の実績)

3)社外CFOサービス(経営者の参謀として、実績多数!)

4)事業承継支援、M&A支援、デューデリジェンス

など、ハンズオン(実践)サポートをご提供します!

【主な業務履歴と実績は、下記をご参照くださいませ!】
 
 https://tetraforce.jp/performance.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

〜食・酒・遊・温泉の4つの視点で
      北の大地「北海道」をPR〜

北海道リアル旅
「Wake Up北海道」スタート!
 
 https://goo.gl/RE2RQr
https://bit.ly/2GKNo9y

旅するタオモトが訪問した街に
「太鼓判!」を押してPRします。

「Wake Up北海道」に
 無料で商品を掲載してみませんか?

「Wake Up北海道」のサイトで
商品の販売や広告を希望される方を募集しています。

皆さまのご応募お待ちしております!

 https://goo.gl/b5wFFd

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

“Wake Up北海道”では、サイトで情報発信や

 記事を書いてくださる仲間を募集しています。

 北海道の「眠れるポテンシャル」を

 もっと発信してみませんか!

 https://goo.gl/ouxqPP

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

〜地域振興と復興事業に
当社の両面発電太陽電池が採用されました!〜

太陽光発電で野菜が育つ?!

I o T営農にソーラーシェアリングを活用する新事業

「AgriNova」(アグリの場)を福島で始動。

”目指すのは、再生可能エネルギーの「地産地消」”

ぜひ、下記をご覧ください。

 https://goo.gl/Quvixg

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<<輸出入サポート>>

「販路拡大したいけど、どうすればいいの?」

「インバウンドのお客様ってリピーターになるの?」

皆さまのお悩みをお聞かせください!

当社が全力でサポートいたします。

 https://goo.gl/k2Pcd5

<<輸出における書類や手続きの流れ>>

複雑な輸出手続きの流れを図解いたしました。

下記をご参照くださいませ。

 https://goo.gl/nrNF7F

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<<農商工連携・6次産業化コンサルティング>>

北海道の生産者の皆様!
ご自慢の食材を
首都圏や海外へ提供するお手伝いをします。

 https://goo.gl/yhTS1r

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

<<弊社商品 採用先ご紹介>>

クリーンな自然エネルギーを活用した
「地産地消型」の電力生産システム
『マブチ・ハイブリッドポール2』

 http://mabuchi-engineering.com/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★Wake Up Hokkaido!
 https://goo.gl/RE2RQr
https://bit.ly/2GKNo9y

★メールマガジン「ご縁ゴト」バックナンバー
 http://hokkaidopvgs.jp/category/backnumber/

__________________________________

発行元 :テトラフォース・パートナーズL.L.P./(株)北海道PVGS
発行責任者:垰本 泰隆

※まことにお手数ですが配信停止は、以下の画面からお手続きください。
https://x.bmd.jp/bm/p/f/tf.php?id=hokkaidopvgs&task=cancel

(C)Copyright 2017-2018 Tetra-force&Hokkaidopvgs Yasutaka Taomoto 記載事項の著作権は当方に帰属します。無断転載・流用はご遠慮下さい
__________________________________