北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

定番商品はありません!の方が、価値がある!そして売れる?

2021.09.20 (月)

 

「チーズの声に耳を傾ける」

を体現した

その名も「チーズのこえ」

というお店が
東京は江東区の清澄白河駅から
ほど近い場所にあります。

(お店のHPは下記↓)
https://bit.ly/3hK5ptK

とある方のご紹介で
いくどか訪れたのですが
きのうテレビで取り上げられたので(^^;)

これからますます
人気が出るだろうなあ(^.^)

てな話はさておきw
こちらのお店は日本初の
北海道産ナチュラルチーズの専門店。

生産量がすくなく
かつては現地でしか
手に入らなかったような希少な品を
東京で手に入れることができます。

これだけでも充分に
価値があると私は思うが

さらにすごいなあと思うのが
こちらのお店は
「定番を作らない」がモットー。

お客さんが
品ぞろえに目移りするなどして
なかなか決められない時など

「定番はなんですか?」

「売れ筋はなんですか?」

って店員さんに聞くじゃないですか?

でも店員さんは

「うちにはそういうのないです!」

って答えるんですよ(爆)。

これだけ聞いたら?ですけど
とうぜんそのあとがありまして

お客さんと店員さんが対話し
店員さんがお客さんの好みを見つけ出す。

そしておススメした商品を
お買い上げいただく。てな感じ。

店員さんの
チーズに対する半端ない造詣

お客さんの好みを的確につかむ
これまた半端ないコミュ力のなせる業。

ゆえにリピート率も高く
一部の生産者が
ネットショップなどで
直販に乗り出しても

影響をうけることなく
希少な少量多品種を
提供し続けております。

価格の訴求ではなく価値の訴求を!

言われて久しく
頭ではわかっているけど
一体、どうしたらいいものか・・・

なんて悩んでいる方。

無から有は産まれません。

他者や他社の好事例を
貪欲に自分や自社に取り入れましょう。

ただし「うわべ」だけを
パクっても
長続きしませんのでご注意を。

ただしいパクり方を
お知りになりたい方は

私もおりにふれ
何度も読み返している

「模倣の経営学」
をご一読ください↓

模倣の経営学 実践プログラム版


本日の一語は

「定番を作らない」

参考になれば幸いです。

=======================
【みんなの銀行】口座開設で1,000円プレゼント!
※スマホからしかダウンロードできません※

以下のリンクからアプリをダウンロードし
口座開設時に紹介コードを入力してください
ダウンロード:https://www.minna-no-ginko.com/open-account/
紹介コード:JvqRKYmq
=======================

スポンサードリンク