北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

自分で自分に、引導をわたせるか?

2021.09.15 (水)

 

公私ともに
大変お世話になっている
名古屋の不動産業界の
重鎮であるKさん。

亡き父と同世代(70代)ですが
とっても聡明でお元気(^.^)

なぜか不思議とウマが合い
息子のように可愛がって
いただいておりますm(__)m

が、すでに経営の第一線は
跡継ぎ(親族ではない)にお任せ。

そう、事業承継が完了している。

とても理想的な姿ですが
なかなかできるもんじゃない。

誤解を恐れずに言えば
事業承継ってのは
自分で自分に引導を渡すようなもの。

ご自身でゼロから
立ち上げた会社ってのは
自分の生きざまそのもの
分身でもありますから

寂しさやらなにやら
湧き上がる感情を一言で
言い表せない気持ち。

私も自分で会社を立ち上げた
経営者の端くれですからよくわかる。

でもね、人生は有限ですから。

社員と取引先をはじめ
会社にかかわる
すべてのステークホルダーに対し

経営者として
責任を果たすためには
自分の人生と会社を
切り離して考えなければならない。

自分の引き際
会社を引き継ぐ
ゴールを設定したうえで
それを周囲に宣言すること。

ゴールの設定?
しかもそれを周囲に宣言?

言葉でいうのは簡単だけど
そんな都合よく
事が運ぶわけないだろうが?

周囲が不安に思うだけだろ?

なんて指摘が
あるとは思いますけれど

ゴールが見えなければ

社員や取引先はもちろん
肝心かなめの後継者候補が

いつまでたっても
現経営者への依存から
脱却できませんのでね。

お仕事でも
常にゴールを明確に
お客様に提示されることを

徹底してきたKさんの
見事な事業承継をみて
あらためてそんなことを
思ったのでありました。

=======================
【みんなの銀行】口座開設で1,000円プレゼント!
※スマホからしかダウンロードできません※

以下のリンクからアプリをダウンロードし
口座開設時に紹介コードを入力してください
ダウンロード:https://www.minna-no-ginko.com/open-account/
紹介コード:JvqRKYmq
=======================

スポンサードリンク