北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

CVCとお付き合いしたい方、必見です!

2021.09.22 (水)

 

某分野において
世界最大の企業であるJ社の

コーポレートベンチャーキャピタル
(以下、CVC)に

クライアントのベンチャー企業を
紹介させてもらいました。

CVCとは?

「事業会社が
自己資金でファンドを組成し
主に未上場のベンチャー企業に
出資や支援を行う活動組織のこと。

自社の事業内容と
関連性のある企業に投資し

本業との相乗効果を
得ることを目的としているもの。」

(野村証券
証券用語解説集より抜粋引用)

ので、
私が若いころに在職していた

証券系の
ベンチャーキャピタルとは
ちょっとスタンスが違うんですよ。

簡単に違いを説明すると
上記にも書いた通り

CVCは自分たちの本業と
関連性のある事業を営む
企業に投資することが大前提。

いっぽう
一般的なベンチャーキャピタルは
業種業界のしばりはなく
目的はキャピタルゲインを得ること。

ただ、時代は変わり
最近のベンチャーキャピタルは
業種業界を絞るところも
増えつつありますがね。

だいぶ前置きが
ながくなったので
今日の本題に話しをもどすとw

CVCとお付き合いをしたい!

と考えている
ベンチャー企業さんへの
ワンポイントアドバイスを。

それは

「だけ」では実現できない!

を見つけて提案すること。

つまり、事業会社が
なぜCVCをはじめたのか?

という動機を知る。

いいかえれば
私たちが普段から
ビジネスで行っている

お客さんの
困りごとを希求して
解決策を提示するのと一緒。

事業会社がCVCを始めた
動機の多くは

自社「だけ」では
実現できない新たな事業を
外部のベンチャー企業と
コラボして実現すること。

なんでね
ベンチャー企業の皆さん

単に自社の商品サービスを
採用いただけると
こんなメリットあります!

だけではダメなんですよ。。。

そうねえ。言ってしまえば

足し算引き算(プラスマイナス)

じゃあなくて掛け算。

「CVC×ベンチャー企業=新たな●●」

てな感じ。

提案の際にはぜひ
上記の●●を埋めてみてくださいませ。

●●を生み出す
壁打ちは喜んで承ります!

下記までご連絡くださいませ(^^;)
https://bit.ly/3kG6ylL

=======================
【みんなの銀行】口座開設で1,000円プレゼント!
※スマホからしかダウンロードできません※

以下のリンクからアプリをダウンロードし
口座開設時に紹介コードを入力してください
ダウンロード:https://www.minna-no-ginko.com/open-account/
紹介コード:JvqRKYmq
=======================

スポンサードリンク