北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

潰れてなくなる会社と、救われる会社の分水嶺。

2021.09.01 (水)

 

クライアントの
CFO(最高財務責任者)候補者で

私が伴走してサポートしている
S木さんより受けた質問。

あの会社(下記)が
https://bit.ly/3zDgXpB

プレパッケージ型の
民事再生ができたのは
なぜだとおもいますか?

S木さんは日ごろから
熱心に勉強しており
視野もひろがっていて
いやあ、なんだか嬉しくなった(^.^)

なんておいらの感慨はさておきw

念のため
プレパッケージ型の民事再生について
簡単に説明しておくと

民事再生手続を裁判所に申し立てる前に
スポンサー候補や事業譲渡先が決まっていること。

誤解をおそれず
さらに踏み込んでいえば

このまま進んでいけば
会社がつぶれてなくなるが

そうなる前に
リセットボタンを押して
もう1回、やりなおします。

みたいな感じ。

えー!そんなことできるの?

うちも新型コ●ナの影響で
売り上げの回復が見込めず
借金ばかりがふくらんでいるから
リセットボタンを押してやり直したい!

なんて思われる方に
ハッキリ申し上げておきますが
簡単じゃあございませんよ。。。。。

この簡単じゃないというのが
冒頭のS木さんの質問への
回答にもなるんですが

スポンサーになってくれる方に
やり直せる可能性があると
思ってもらわなければ始まらない。

下記について
https://bit.ly/3zDgXpB

公開情報から察するに
こちらの旅館は歴史も長く
お客様の評判(口コミ等)も上々。

新型コ●ナさえなければ
事業継続に問題はなかった。

ようは愚直に真っ当に
商売を続けてこられたという

いえば至極あたりまえのことを
丁寧にきちんとやってきたということ。

新型コ●ナ関連の破たんが
累計で2,000件をこえ
東日本大震災と同水準に!

という報道もされ
私の周囲でも
苦しんでいる方がいるのは事実。

が、反発覚悟で
厳しいことをいえば
追い込まれている原因(本質)が
新型コ●ナじゃないんじゃないの?

なんて事例が
散見されるようになっているので

S木さんの質問にかこつけて
今日はこんなことを書いてみました。

「捨てる神あれば拾う神あり」

と言いますが、神様が微笑むのは

日々、あたりまえのことを
愚直に真っ当にやっている会社です。

私も今一度、肝に銘じます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【メディア掲載のお知らせ】
AUBA公式メディアサイトTOMORUBAに
インタビュー記事が掲載されました!
ぜひ下記よりご覧くださいませ。
https://bit.ly/2XK6OJM
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

スポンサードリンク