ご縁ゴト
goengoto

「信頼第一」が今に至る「原動力」。

2018.12.04 (火)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【12月4日(火)】

<ダイジェスト>

午前中は横浜北部にいて

午後は埼玉県川口市へ。

夜は茅場町経由で
新横浜に戻るという

関東を南北に縦断の旅(笑)。

 

季節外れの暖かさで
外気温は24度近くに(驚)。

 

 

 

<時々刻々の記>

8時半前に
日本人のFさんと
オーストリア人のGさんと合流し

 

一緒にオフィスへ移動。

車中での会話でGさんが
「君の英語は判り易い、上手だ!」

 

って言うんだけど
ほぼ、挨拶しかしてないし(爆)。

 

30分弱の珍道中?で
オフィスに到着したのちは
皆さん(私も)それぞれのタスクへ。

 

皆さんハードワーカーで
10分チョイのランチをご一緒して
明日の早朝、離日するGさんとは

 

ここで握手をしてお別れ。

 

私は一路、横浜市緑区から
埼玉県川口市まで、約60キロの
ショート?トリップ開始。

 

思いのほか順調な道のりで
14時過ぎには待ち合わせ場所に到着し

コンビニでコーヒーブレイク。

 

15時前に
いつもお世話になっている
会計士のHさんと合流し

 

本日から業務開始となる
新たなクライアントM社さまへ。

満面の笑みで迎えてくれる
イタリア人のM社長と
スタッフの皆さん

 

お取引金融機関さんを交えての
前向きで夢ある第1回の
キックオフミーティングを。

 

16時半に終了し
会計士のHさんと一緒に移動し
茅場町でHさんと別れた後は

 

真っすぐ新横浜のホテルに帰還。

18時過ぎにホテルにいるなんて
何だか、楽ちんだなとか思いつつ(笑)

 

未処理のメールと格闘して
20時前には業務終了し
ノンビリ晩飯を食べたのでした!

 

 

 

________________________

■<2>「信頼第一」が今に至る「原動力」。
________________________

今年は不思議というか
いや、あり難い(感謝)ことに

 

既存のクライアントさんの
新規プロジェクトスタートや

 

新規のクライアントさんとの
業務スタートが
12月に集中してます。

 

よし、頑張るぞ!
何て私の個人の思いは置いといて(汗)

 

新たなご縁を頂いた
イタリア人のM社長の
お言葉に感銘を受けました。

 

Mさんは日本に暮らして
はや30年近く。

 

日本語もお上手です。

 

実施した打ち合わせの最後に
懇意にされている金融機関さんから
Mさんに

 

「今回のプロジェクトメンバーを
人選したポイントは何ですか?」

 

という質問がありました。

 

Mさんの回答は実に端的。

 

「信頼ある方からのご紹介で
  信頼できると判断したから。」

 

「目を見て、話せばわかります。」

 

「私が最も大事にしてるのは
  ヒトの繋がりと信頼です。」

 

嬉しかったし
背中に電流がピリリでした。

 

そりゃ、お互いにというか
関係者全員、「ビジネス」ですから
利害得失があるのは当然でして。

 

でもね、儲かれば誰でもいいやとか
そんなスタンスはMさんには微塵もない。

 

今はどんな時も笑顔だけど
私たち日本人より
日本でビジネスをスタートした時から

 

今日に至るまで
言葉や国籍の壁など
スタートからハンデがあったからこそ

 

徹頭徹尾「信頼」を
全てのベースに自らが
率先垂範してきたんだなと。

 

「ハンデ」を乗り越えていくために
  一番大事なことは何かを
笑顔のMさんに再認識させて頂きました。

 

言うが易し、行うは難しの
「信頼」という言葉と所作。

 

年末だからこそ
今一度、肝に銘じたいですね。

____________________

「本当の姿」は「矛盾」なり。

2018.12.03 (月)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【12月3日(月)】

<ダイジェスト>

朝から夕方まで
新横浜と鴨居をウロウロしてから

夜、都内の茅場町へ移動。

 

茅場町で盟友のEさんと合流し
羽田空港国際線ターミナルへ送迎し

夜半に新横浜へ帰着。

曇り時々、トコロにより
雨が降ったり止んだりの一日でした。

 

 

 

<時々刻々の記>

8時過ぎ、クライアントの
新たな社長に就任された
Fさんと合流してオフィスへ。

社員の皆さんと共に
Fさんの所信表明を拝聴。

 

私が論評するのも僭越ですが
素晴らしい内容で
何だか昔を思いだした感じ。

 

その後はデスクワークをして
お昼前に再びFさんと出発し

昨晩来日された
Gさんをホテルまでお迎えに。

俺一人だと英語が心もとないので(汗)。

 

午後はGさんを交えて
社員の皆さんが入れ替わり立ち代わり
ビジネスミーティングをされ

 

私も負けじと?タスクと格闘。

 

18時前に再びオフィスを出て
皆さんとのお食事会をする
FさんとGさんを送り届けて

 

私は一路、都内の茅場町へ。

 

今晩帰国の途につく
Eさんと、裏方で支えてくれた
皆さんと合流して

 

ハンドルキーパーな私は
ノンアルで1時間チョイ
共に別れの宴をして

大荷物を車に積み込んで(笑)
21時前に羽田空港国際線ターミナルへ。

 

車中ではいつもと変わらぬ
四方山話を楽しむも

 

ターミナルに到着して
別れのハグと握手を交わした後
感極まり涙ぐむEさん。

 

私もグッと来たのですが
ここは堪えて堪えて
涙を拭きながら去っていく

 

Eさんの後姿を見届けて
一呼吸ついて車を走らせたら

 

ビルに入らず
外で私の車が走り去るのを
待っていたEさんが(驚)。

 

一瞬だけど私も全力で手を振って

 

その後もルームミラーに映り続ける
Eさんの姿が遠のいた時
不覚にも涙腺が崩壊。

 

安全運転のため(爆)
車を停めて涙を拭いてから
新横浜へ帰還いたしました。

Eさん、私の職業人生の追憶に
残り続けるであろう
エキサイティングな6か月を

 

共に歩ませてくれて
本当に有難うございました!

 

貴方の人生と未来が
素晴らしいものになることを
遠い日本から確信しています。

 

 

 

________________________

■<2>「本当の姿」は「矛盾」なり。
________________________

どんなにエキサイティングな思い出も
いつの日か追憶の彼方となるでしょうが

 

故にこそ、その瞬間、瞬間を
全力で駆け抜けていく。

 

盟友であり、心友である
Eさんと共に歩んだ
プロジェクトの第一ステージが

 

Eさんの帰国と共に、終了しました。

 

既に第二ステージが
スタートしているので(汗)
思い出を振り返るのは今回まで。

 

守秘義務の関係上
多くを、というか詳細を
ここに書くことは出来ませんが

 

Eさんのイチバンの功績は
不安や心配に左右されていた
社員の皆さんはもとより

 

お客さまを始めとした
全てのお取引先やステークホルダーの
人心と信頼を回復させたこと。

 

一筋縄ではいかない困難極まる
これらのミッションを
彼が実現できた原動力は

「正直」で
 「オープンマインド」を
   徹頭徹尾、貫いたことです。

 

他者への思いやりを忘れることなく

 

喜びも、悲しみも、
良いことも、悪いことも
全て赤裸々にして

 

そこから逃げずに陣頭に立った

 

任務を果たされて
家族の待つ故郷(母国)に
帰れる喜びと安堵がある一方

 

日本の仲間たちと
別れなければならない辛さや寂しさ。

 

ある意味、相矛盾した感情
カッコつけず、誠実に
態度言動で示されたその姿。

 

俺、全然、かなわないな・・・・・

 

ヒトの感情は矛盾してるもの。

でも、それで良いのだ!

 

それが本当の姿

 

我もかくありたい。

 

言葉に尽くせぬ
Eさんへの感謝と共に。

____________________

「目的ロスト」が「人手不足」の原因?

2018.12.02 (日)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【12月2日(日)】

<ダイジェスト>

東京都内で私用を済ませてから
夕方近くに羽田空港へ。

羽田空港からは新横浜へ
海外からのビジネスパートナーを送迎し
そのままホテルにチェックイン。

終日曇りで寒かった関東の日曜日。

 

 

 

<時々刻々の記>

午前中は自宅でお休みして
昼過ぎに自宅を出発。

 

滞在時間15時間で
2週間ほど再び留守に(汗)。

 

13時過ぎに
20年来のお付き合いの
カーディーラーさんに赴いて

とあるパーツの交換を保証サービスで(嬉)。

 

当初は2時間ほどかかる予定だったので
一角を借りて仕事モードに突入した矢先に

 

「完了しました」で拍子抜け(笑)。

 

宜しければゆっくりしてって下さいと
暖かいお言葉に甘えて(感謝)
マストタスクのみやっつけて

 

羽田空港国際線ターミナルへ
ノンビリと車を走らせるも
道路が激空きで15時過ぎに到着。

折角なので初めての
空港内のブラブラ見学を開始して(笑)

小腹が空いたのでラーメン食べて

16時半過ぎに
クライアントのFさんと合流し
カフェでチョイと打ち合わせして

二人で到着ゲートで
初対面の待ちビトをお出迎え。

人生初のオーストリア人の
ビジネスパートナーGさんと
いい加減な(汗)英語で挨拶して

 

三人で新横浜へ向けて
移動を開始して
18時半過ぎにホテル到着。

FさんとGさんのお気遣いに
素直に甘えて(感謝)
私もホテルにチェックインして

 

チョイと残務を片付けた後は
ノンビリゆったり晩酌して

日曜日を終えたのでありました。

 

 

 

________________________

■<2>「目的ロスト」が「人手不足」の原因?
________________________

縁あって?空港は
年間で少なくとも50回

 

多い年では100回近く
利用しますが

 

いつも動線は同じで
どこにも立ち寄ることなく(汗)
飛行機を乗り降りするだけなので

 

いやあ、空港内を
ブラブラするの、新鮮でした。

 

ましてや国際線なんぞは
6年前に搭乗したっきり(爆)。

 

へえー。館内放送は
英語が先で、日本語が後なんだ。

 

みたいなことに驚いたり(笑)。

 

やっぱ国内線ターミナルとは
何か漂ってる空気が違うとか(爆)。

 

イチバン新鮮だったのが
小腹が空いて入ったラーメン屋。

 

店長さんと思しき人以外
ホールもオープンキッチンも
全員、外国人スタッフ。

 

でもね、全く違和感なしで
テキパキ、キビキビ、イキイキしてて
なんだろう、居心地がいいんです。

 

もう言い古されてますが
日本では飲食店さんが(に限らずですが)
慢性的で深刻な「人手不足」です。

 

私のアタリが悪いだけかも
しれませんが、ここ最近
呑み会で訪れたお店の日本人スタッフが

 

「今、忙しいんだよ!」オーラを発して
こっちが気を遣ってしまい
アンマリ居心地が良くなかった

 

記憶が蘇っちまいました。。。。。

 

この差、何なんでしょうかね。。。。。

 

多分に勝手なる憶測ですが
私が羽田で出会った皆さんは

 

今は恐らく、個人も国も
日本に比べると経済的な豊かさが
少ないのかもしれません。

 

が、未来に希望を抱いているというか
個々人が目指したいものや
得たいものが明確にあって

 

その為に貪欲に、前向いている感じ。

 

人手不足の原因を論じる時に
給与や待遇、労働環境などが
真っ先に挙げられますし

 

それはいわんやでありますけど

 

実のところはもっと根深い
「ココロ」の問題というか

 

「目的」や「目標」をロストした
「日本の今」があるのでは?

 

なんてコトを飛行機に乗らない
羽田空港にて待ちビトが来るまでの間
ヒトリ、考えてしまったのでした。

____________________

やっぱ「順位決め」が第一です。

2018.12.01 (土)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【12月1日(土)】

<ダイジェスト>

終日、東京都内。

朝晩は肌寒さを感じたけど
終日、好天だった土曜日でした。

 

 

 

<時々刻々の記>

10時半より正午過ぎまで
品川の某ホテルラウンジで

A社の方々とミーティング。

 

街は師走?年末商戦?
クリスマスモードなれど

当方、自覚できず(笑)。

 

ミーティング終了後は
近くのストレッチ整体で

同じく?90分の身体のメンテ。

 

身体のメンテを終えて
スッキリモードで事務所に出社し

月末月初の事務を始め
諸々のタスクと6時間格闘。

 

1件積み残して(反省)
21時半に2週間ぶりに帰宅し

 

今度は明日からの長期巡業準備と
溜まった郵便物と新聞のお片付け(汗)。

 

こうして一日が
更けていったのでした(爆)。

 

 

 

________________________

■<2>やっぱ「順位決め」が第一です。
________________________

いよいよ師走、
今年も残すところ1か月。

 

巷でそんな挨拶が
溢れ始めましたし

 

事実としては
その通りなのですが

 

個人的には毎年、
あんまり感慨もなく(汗)。

 

日本では3月を
「年度」の区切りと
することが多く

 

外国(特に欧米)は
12月を区切りと
することが多いですが

 

幸いなことに
弊社のお客さまは
程よく決算も分散していて(感謝)

 

弊社グループは
7月が決算なもんで
まあ、何というか一年を通して

 

「平坦」な感じです。

 

でも周囲の

「節目」とか「ムード」を、

良い意味で使うのは「大事」。

 

メンタルのマンネリを打破して
気持ちを高揚させて
溜まっているコトを片付けたり。

 

そう考えてみると
年末に行う「大掃除」って
いい習慣だなあ、なんて

 

改めて感心したりします。

 

私も「エイヤッ!」と便乗?して
タスクを羅列して片っ端から
やってみたんですが

 

優先順位を間違えて(汗)
闇雲にやった結果、リスケ発生・・・・・

 

「ムード」に便乗、
全然オッケーですが

 

何事も

「優先順位」をつけて「段取り」

してからやらないと

 

1か月もアッという間に
経っちまうなあ、なんて。

 

反省とともに振り返ったのでした。

 

お互いに残り1か月。

年越しないように「優先順位」を
第一で、頑張りましょうね。

____________________

新しきは、古(いにしえ)からの土台が有ればこそ。

2018.11.30 (金)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【11月30日(金)】

<ダイジェスト>

新横浜⇒鴨居⇒品川⇒新宿⇒押上
ラストは品川と、ウロチョロ(笑)。

 

快晴だけど寒く
関東でコートを初着用した一日。

 

 

<時々刻々の記>

9時に
クライアントの皆さんと合流し
某金融機関さまへ。

新旧社長の交代挨拶のアテンド。

 

半年間で信頼関係を
アップさせたEさんの
凄さを改めて実感。

 

訪問後は近くで
皆さんとコーヒーブレイクして
新社長のFさん他とオフィスへ。

13時半までお仕事してから
品川へ移動し
ホテルに一旦チェックインして

今度は新宿へ向けて移動開始。

16時にクライアントの
Tさんと合流して
ご無沙汰している某監査法人さまへ。

ご多忙の折に気持ちよく
ご相談に乗ってくださり
Tさんと共に厚くお礼を述べて

 

(M先生、H先生、K先生
本当に有難うございました!)

 

17時前に辞去して
今度は押上へ向けて移動。

約束まで時間があったので
お初となる
スカイツリータウンを

プラプラ(笑)。

プラプラした後は
至近のカフェでデスクワークをして

 

19時前に
旭川からお越しのNさんと合流し

 

お仕事の都合で残念ながら
参加できなくなった
Tさんが予約してくれた

 

(Tさん、有難うございました!
またの機会に是非!!)

ナカナカいい感じのお店へ。


途中から弊社のN君も合流し
満席の店内で四方山話で盛り上がり

食べて呑んで

久々の東京の下町ナイトを楽しんで

23時過ぎ、品川へ帰還。

呑み会5連投を(爆)
何とか無事に終えた(笑)
11月最後の日でした。

 

 

 

________________________

■<2>新しきは、古(いにしえ)からの土台が有ればこそ。
________________________

相当にご無沙汰ご無礼していた
御方に図々しくも(汗。反省。)

 

突然にお電話を差し上げて
弊社クライアントのお困りごとの
相談に乗っていただきました。

 

忘れられていないだけで
あり難く感謝な上に

 

ご鄭重かつ真摯なる
ご対応を頂き、感謝の気持ちが
言葉に尽くせない想いです。

 

今年も早や
11カ月が終わる節目の日に
改めて一つ一つ思い返してみました。

 

今年から新たに
お付き合いの始まった
クライアントさんとの出会いも、

 

弊社のチカラだけでは
どうにもならない

 

窮地を助けてくださる
周囲の皆々さまも

 

振り返れば全て
 「過去に頂いたご縁」によるもの。

 

振って湧いたように
 突然全く新しいことなんて
  よく考えりゃ、一つもない。

 

ホントにあり難いとしか
言いようがないです。はい。

 

そして話を重ねて
お相手を知れば知るほど

 

不思議なヒトの重なりが
出てきたりする訳でして。

 

前を向き、前に向かって
走り続けている日々ですが

 

それを支えてくれているのは
過去に出会い

 

その場でその瞬間で
互いにビジネスメリットがなくても

 

ヒトとして向き合い
真摯にお付き合いした皆さん方です。

 

今年を振り返るには
チトまだ早いですが(汗)

 

今日は特にそんなことが
幾重にも重なった日でしたので

 

こんな振り返りを
してみたのでした。感謝!

____________________

 «   2018年 12月     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)