ご縁ゴト
goengoto

「似せる」のではなく「捉える」が、大事。

2020.01.15 (水)

 

 

 

皆さん「似顔絵」って書いてもらったこと、あります?

今回私が、新たに顧問をさせて頂くことになった

お客さまに「似顔絵」を書いていただきました(^^;)

 

 

ちょっぴり照れますがね(笑)。

 

こちらのお会社、お名刺に、それぞれご自分の似顔絵を

印刷されておられまして、とってもイイ感じ(^.^)

 

 

改めて頂戴したお名刺を見返してみると

「ああ、なるほどなあ」と思うことが。

「似顔絵」はお上手です。お世辞抜きに。

でね「似顔絵」って言うくらいなんで

モチロン、そのヒトに似てるんですが

「似てる」という言葉よりも

「捉える」という言葉がしっくり来る。

 

 

そのヒトから「にじみ出る」人柄や性格と

そのヒトが果たす役割を「捉えている」のが伝わる。

 

で、自分が受けた心証と

名刺の似顔絵が一致していて、違和感がない。

 

 

この「違和感がない」ってのは、ホント重要ですね。

今どき写真なんて簡単に修正できますから(T_T)

名刺や会社案内、ホームページなど

見栄えを良くすることは、幾らでも出来る。

 

 

がね、実物に会ったらガッガリだったり

期待して商品を買ったりサービスを受けたら

「え、まじかよ?」な期待外れだったら

会う前、買う前の印象が良かった分

お客さんの「期待を裏切られた」という

お気持ちの落差が大きくなりますよ。

 

 

となればね、信頼回復は至難の業。

 

 

そっか。じゃあ、過度な期待をされないよう

逆に控えめにしておくか、だと今度はそもそも、

問い合わせも発注も来ない可能性が高くなっちゃいます。

 

 

心理学においては

マイナスを逆手にとる「ゲインロス効果」があり

必要に応じて活用することは良いと思います。

 

 

でも「違和感」だけは、如何ともしがたいのでは?

と私は思います。

 

 

お客さんに抱かれる「印象」には

皆さん、常に気配りされていると思いますが

もう一つ、いやその前に

お客さんが「違和感」を感じていないだろうか?を

是非、点検してみて下さいね。

微差を「365日」積み重ねると「37倍」の「大差」になる。

2020.01.14 (火)

 

 

 

「微差の積み重ねが大差となる」

と、巷間でよく言われております。

 

 

私も概念的に理解しているつもりですし

皆さんも言葉の持つ意味はご理解され

この概念に異論を唱える方は、あまり

いらっしゃらないかと思います。

 

 

が、概念だけで捉えていると

「分かっちゃいるけど、やめられない。」

ならぬ

「分かっちゃいるけど、ナカナカ出来ない。」

になりがち(汗)。強い自戒を込めてです(爆)。

 

 

昨日行っていたミーティングの最中で

正にこの概念を「数値化」して捉える機会を頂戴したので

チョイとご紹介したいと思います。

 

 

今日(今)の自分や自社の状態を「1」の状態と定義する。

で、そのあと毎日、昨日よりも「0.01」だけ

些細なことで良いので「変わる」(成長する・改善する)。

 

 

すると翌日は「1.01」になり、これを毎日繰り返すと

1年後は「1.01」の365乗(複利の計算)で「37.8」

となる。

 

 

1日「0.01」だけ進歩することを
毎日コツコツと続けていくだけで「37.8」倍になる。

逆に全く変化(成長も進歩)もなければ、1年後の自分も自社も

「1」のママ。

 

 

もし、昨日よりも今日「0.01」「後退」し

仮に毎日「0.01」後退し続けたとすると

前段の理屈で計算してみると、恐ろしい結果になる。。。

なのでね、

「分かっちゃいるけど、ナカナカ出来ない。」

に火をつけるには

概念や教訓的なものを、「数字」に置き換えて計算してみる。

 

 

是非、試してみて下さいね。

私も尻に火がつきましたので(汗)。

ファクトは「得」。フェイクは「損」。

2020.01.13 (月)

 

 

 

いやはや、やっちまいました。。。

札幌にいる時は、毎週日曜日の夜、19時より

ストレッチ整体に通っているんですが

今回(12日)だけ、先生の都合諸々で17時半だったんです。

 

 

が、習慣から来る思いこみとは恐ろしいもんでございまして

自分の手帳や日報に19時スタートと、何故か書いてた。。。

 

 

が、先生から電話を貰って

カードケースにしまい込んでいた

予約カードを見たら「17時半」ですわ(汗)。

 

 

先生が「やっぱりね。19時だと思ってたでしょ。」

と笑いながら電話をくれて救われましたが

ホント、スミマセンでした。。。

 

人間(ワタシ)のアタマなんてホント

大したことないというか、思いこみや決めつけを

本当にしがちですね。

 

 

そんな反省と若干の自己嫌悪を抱えつつ

新聞を読んでいましたらね

以下のような趣旨の記事に目を奪われました。

 

 

「原油は世界的レベルでみると供給過剰」

 

 

「主要国でガソリン価格が上昇しているのは日本だけ」

 

 

皆さんご承知の通り、アメリカとイランのいざこざで

中東地域が不安定になり、原油価格上昇。

なので当然、ガソリンが値上がりするのも、しゃあないね。

 

 

って、普通は思っちゃうのは無理ないこと。

 

 

が、実は世界の原油生産シェアは

中東地域は今、3分の1程度にまで下がっている。

 

 

加えて、中東地域への原油依存度は

低い順に並べると、ドイツは5%、アメリカ20%

中国40%、インドで50%、韓国で70%。

が、日本だけは90%と突出してる。。。

 

 

要は、日本は原油の中東への依存度が高すぎるから

平たく言えば、中東地域の言い値で買うしかない感じ。

 

 

世界的には原油は余ってるのに、何だか複雑。。。

 

私の個人的な勘違いと反省から(汗)

何故か原油市場の「ファクト(事実)」へ

話が大きく変わっちまいましたが(笑)

習慣や過去の慣習だけに縛られて

決めつけや思いこみをしちゃうと

「実は」の「ファクト(事実)」を

見逃してしまって、エライ損してるかもよ。

何てことを言いたかったのでした。

気に入らなければ、売らなければ良い。

2020.01.12 (日)

 

 

 

毎週土曜日に北海道内で、午前11時より放映されている

「けいナビ~応援!どさんこ経済~」

(↓番組のHPは下記↓)
https://www.tv-hokkaido.co.jp/news/keizai-nav-hokkaido/

 

 

私は札幌を不在にすることも多いので

大体、録画して見ております。

 

 

昨日(1月11日)の番組タイトルは

娯楽の殿堂スガイM&Aで新たな出発。2人のキーマンに密着。

 

 

M&Aを仕事の一つとしている私としては、見逃せんぞ!

ということで見始めましたらね、何と知り合いが出演(驚)。

 

 

スモールサンゼミ札幌のお仲間である

小笠原一郎さんが主役で出演していました!!

(↓番組の詳細は、下記に記載されています↓)
https://this.kiji.is/587493624071029857?=462419638605612129

 

 

知り合いが出てると、普段より見入っちゃいますね(*^^*)

 

 

ま、そんな私の個人的な話はさておき(汗)

普段はこの「けいナビ」。

 

 

どちらかというと、北海道の基幹産業である

食や農や観光の話題が取り上げられることが多いです。

 

 

が、そういった嗜好性の番組である「けいナビ」が

いよいよM&Aを本格的に取り上げ始めたのが

個人的には非常に感慨深いし

心の内で、M&Aを考えておられる方も

「ヒトゴト」ではなく「自分ゴト」として

考えて下さるキッカケになったら嬉しいなと思います。

 

「けいナビ」の中でもコメンテーターの

平本教授(北大大学院)が仰ってましたが

M&Aは確かに「シビアな資本の論理」が

厳然たる一面としてあることは、事実です。

 

 

こう書くと「やっぱり、ハゲタカじゃんか!」

って思われる方もいると思いますが

一方で平本さんは「組織の論理」も大事と仰っておられました。

 

 

意味合いを分かり易く言い換えますと

どんな企業にも、そこで働く従業員がいてお客さんがいる。

 

 

お客さんも社員さんも、生身の人間です。

 

 

生身の人間に対し、ハゲタカの論理のみを振りかざし

日々、ギリギリと詰めること「ダケ」をしたら

皆さんも、私もそうですが、嫌気がさして雲散霧消

そんな会社からは、逃げますでしょ。

なのでね、M&Aを難しく考える必要は全くし

イメージだけで恐れる必要も全くない。

 

 

要は資本の論理のみを振りかざす「ハゲタカ」に

会社や事業を、売らなきゃいいだけのコトですから。

お客さんも社員も生身の人間だという

至極当然なことを腹落ちしている相手(買収先)かどうか

海千山千で会社経営してきた、経営者の皆さんなら

ご自分の「観と経験」と、肌感覚で見抜ける筈です。

相手がいけ好かなきゃ、売らなきゃ良いだけですから

M&Aにトライしてみたいと思っている方は

もっと気軽にチャレンジしてみて下さいね(*^^*)

ご相談は大歓迎&お待ちしております(^^;)

「いまさら聞けない」を、引き出そう。

2020.01.11 (土)

 

 

 

誰しも心の中に

「今更こんなこと、聞けないよなあ。」

みたいなことって、ありませんかね?

 

 

面と向かって言われるか否かは別にして、聞いた相手に

「え、そんなことも知らないの?」

みたいな反応をされたら、どうしよう?

プライドが許さないというか、気恥ずかしいというか。

 

モチロン、私だって沢山ありますよ。。。

 

 

私の場合、食わず嫌いの面が大ですが

特にIT関係はね、アレです。ハイ(/・ω・)/

 

 

でも意を決して昨年後半より、イロハのイから

マンツーマンで徹底指導して下さり

同じことを何度聞いても

嫌な顔一つされない先生に師事して

少しづつですが、前に進んでおります(筈。(笑))。

 

 

私が恥も外聞もプライドも捨て

この先生に知らないことを「知らない」と

正直に言えるのには、次の先生の言葉があったから。

 

 

「相手が理解できない、相手に伝わらないのは
 伝える側、教える側の責任ですから
 理解できるまで、出来るようになるまで
 何度でも説明します。教えます。」という言葉。

いやあ、図々しい私は(汗)この言葉を自分の中で

「お前は悪くない。俺が悪いんだ。」と解釈して

心がスッと軽くなった(爆)。

 

 

こんな先生ばかりだったら勉強嫌いの子供が

いなくなるんじゃないかなあ、なんて(笑)。

 

 

話が横道にそれたので(^^;)元に戻しますと

ビジネスのお相手、お客さんが抱いている

「今更こんなこと、訊けないよなあ。」

を、引き出して差し上げることが出来れば

お相手はアナタ(御社)から

離れることが出来なくなると思うのです。

言い方や働きかけの仕方は

イロイロとありましょうが、ポイントは

「そうか!俺(お客さん)が俺、知らなくても、

出来なくてもいいんだ!俺は悪くないんだ!」

と思って頂けるか?にかかってます。

 

 

お客さんと向き合いお話しする時に

是非是非、心がけてみて下さいね(^.^)