ご縁ゴト
goengoto

「同じ」だけど「違う」。

2017.06.14 (水)

こんにちは。
垰本泰隆です。

快晴の福岡の一日でした。
最高気温、27度!
日差しは強かったですが、
湿度が低く、快適!

終日、建物の中でお仕事。
14時前に遅い昼食のついでに、
毎月恒例(?)の櫛田神社へ参拝。
山笠の準備が着々と。
私以外、殆どインバウンドのお客さん。

さあ、そろそろ、終わり!
と思った矢先に、お客様からお電話頂き、
打ち合わせ開始。
計3本の電話を終え、時計を見ると、
間もなく、21時・・・・・

慌てて飛び出し、
会食の待ち合わせ場所へ。

いつも歩いている場所なのに、
電話しながら歩いたせいか、注意力散漫・・・
道に迷って、ようやく到着。

福岡の美味しい焼き鳥と焼酎で乾杯!

月曜日の夜、
鹿児島のホテルで、PCに向き合いながら、
NHKを流し聞いていた時に、
「高知県大川村が、
議会を廃止して村総会設置の検討を開始」
というニュースが。

確か、
北海道の自治体の名前も出ていた気が・・・
翌日は、全国紙、地元紙共に、
そのニュースを掲載。

これで終わりかと思いきや、
九州の地元紙は、小さなコラムでしたが、
本日も掲載していました。

各紙の論調は、当然、様々ですし、
「事実」を知るだけなら、
TVでも、ネットでも、新聞でも
「知る」ことは出来ます。

ただ、受け止める側の事情や立場で、
それをどう「解釈」するか、
それを我が事としてどう「活かす」か、
「考える」かは、
当然ながら、人それぞれです。

私も、東京中心の生活をしていた昔であれば、
間違いなく聞き流して、読み流して、
「ふーん。そうなのだ。」
で終わったと思います。

末席で地域の様々な
お手伝いをさせて頂いている者として、
「事実」だけを見て、
「知ったふり」
になってはならないなと。

「受け止めて」
「考えて」
「活かすこと」
「解決の努力をすること」
を改めて痛感した次第。

「北海道」にも「黒」を紡ごう!

2017.06.13 (火)

こんにちは。
垰本泰隆です。

最高気温、25度予想の鹿児島。
曇りなるも、快適な外気。
降灰もなし(嬉)。

業務終了後、
鹿児島中央駅 14:38発の
「さくら560号」で博多へ。

インバウンドのお客さんが、
多くご乗車。

4か国語の車内放送を聞きながら、
16:14に到着。

福岡も快適な気候。助かります!

「お前、いつの時代の人間だ?」
と突っ込まれそうですが(汗)、
やっぱ新幹線、早いです(笑)。

熊本まで各駅停車でも、
所要時間は1時間半強。

北海道的に言うと、
札幌から函館まで移動した位の距離。

お仕事終了後は、
薬院の馴染みのお店で、
楽しい晩酌を。

1年半ぶりに訪れた「鹿児島」。

前回は、2015年の12月。

比較できるほど、
記憶がないです(反省)。

今回、
とても印象に残ったフレーズが、
手にした観光マップの
鹿児島は「黒」!

鹿児島と言えば、「黒豚」でしょ。

そんなの「当たり前」
と言われそうですが、
勿論、そこにも掛けている訳ですが、
他にも沢山の産品が。

「当たり前」のキャッチフレーズを、
敢えて端的なストーリーにしているのに
無性に惹かれました(笑)

~鹿児島の暮らしには、
たくさんの「黒」があふれています。~
~黒潮がもたらす独特な風土と歴史によって、
「黒」は誕生しました。~
と。

「当たり前」を
「当たり前」で終わらせず、
「ストーリー」に仕立てる。

北海道の「当たり前」に
「ストーリー」を
紡ぐお手伝いを加速せねば。

北海道での仕事に
「ヒント」を頂いた、
鹿児島巡業。

因みに、札幌市と鹿児島市は、
「観光・文化交流協定」を締結しています!
これもご縁かな(無理筋。(笑))

「失敗」がNGではなく、「筋を通さない」のがNGです。

2017.06.12 (月)

こんにちは。
垰本泰隆です。

横浜のホテルで、
早朝から業務と
電話協議で始まった一日。

曇り空。
気温・湿度が想定より低く、
助かりました!

中華街の門を横目に見て、
10時より、某地方裁判所で、
債権者集会。

終了後、横浜市内でスタッフとMTG。
関係者との電話協議など。

友達の投稿やメールがここ数日間、嬉しい乱舞!
「母校の立教大学」
「18年ぶりの六大学野球優勝!」
「59年振りの全日本大学野球優勝!」
ダブルの喜びの優勝パレードが、今晩池袋で開催!

ああ、行きたい!
後ろ髪を引かれる思いで、
羽田空港を15時55分発の飛行機で、
鹿児島空港へフライト。

気温22度、救われました(笑)
1年半ぶりの「東洋のナポリ」で、
母校の優勝に乾杯!

本日は、「債権者集会」に
「債権者」として出席。
まあ、いい「催し」じゃないです。

過去にも何度か、経験がありますが、
経済合理性だけで判断すれば、
「パス」すべきもの。

なのに、今回、敢えて出席したのは、
「相手の姿勢」というか
「筋の通し方」を見たかったので。

私から3点、
淡々と質問と指摘をしましたが、
「木で鼻を括る」
「無難な」回答。
どれも想定の範囲内でした。

一番残念だったのが、
当事者から「筋を通す姿勢」が、
全く感じられなかったこと。

「失敗」を責めたりしません。
私も、「失敗」だらけです。
失敗や失念は、誰しもあるもの。
大事なのは「失敗」した時の
「筋の通し方」だけです。

「法律」ではOKでも、
「信頼」を「復活」させる「決意」
がなければ、意味ないのに。

母校の祝杯をあげつつ、
「筋を通す」
大切さを噛みしめた一日。

「地域」のために「地域の外」から。

2017.06.11 (日)

こんにちは。
垰本泰隆です。

祭りの最終日の札幌でした。
曇りから昼過ぎに晴れ間が覗くも、
15時前後は雨・・・

自宅で家事やら、
書類のチェックに勤しみ、
大通公園西7丁目で開催中の
「アイスクリーム万博」へ。

盛況なるも、
申し訳ないことに気候的に食指が働かず・・・

祭りの熱気を横目に、
札幌駅からJRで新千歳空港へ。
晴れ間が覗き始めた新千歳空港より、
18時発の飛行機で羽田空港へ。
意外にも爽やかな風が(嬉)。

オンタイムフライトのお蔭で、
19時50分発のリムジンバスでYCATへ。
駅構内、沢山の人。歩くと汗ばみます・・・

横浜駅から、電車で日本大通り駅へ。
21時前にホテルにチェックイン。
と、こんな一日。

「YOSAKOIソーラン祭り」と同時に、
今回が初めての開催の、
「アイスクリーム万博」。
生憎の天気でしたが、大盛況。

酪農王国、北海道のソフトクリームは
東京でも、
海外でも人気を博していますが、
その北海道で、
道外のご当地アイスのオンパレード。

この企画の仕掛人、札幌ご出身の方。

これを見て回った、私の勝手な理解。

「北海道」を想うからこそ
「北海道外」を
「北海道」に持ち込んだ。

「北海道」を
「外」から俯瞰することで、
「強み」も
「弱み」も冷静に見つめ、
「何」を「なすべきか」を
「考え」
「実行」する大切さ。

日常でも、仕事でも、
活かしていきたい。

そんなことを感じた次第。

「先入観」は「商売」の損失。by札幌。

2017.06.10 (土)

こんにちは。
垰本泰隆です。

雨のち曇りの札幌。

自宅マンションが大通公園に近いので、
祭りの音が部屋にいても聞こえます(笑)。

掃除洗濯をしていたら、電話が。

時節柄の
「●●総会」の書類チェックご依頼。

家事の手を止めて、業務開始。
15時に無事、業務を終えて、
遅い昼飯を食べに外出。

お約束(?)の
「YASAKOIソーラン」写真撮影を。

日用品の買い物をしながら、
札幌三越で開催中の
「北海道味紀行」へ。

最後は、札幌での週末定番、
「ストレッチ整体」「サウナ」
馴染みのお店で晩ごはん。

普段の週末より多くの人で賑わう、
札幌の楽しい夜。

札幌三越で
6月13日(火)まで開催中の
「北海道味紀行」
今回で、「第13回目」。

開催しているのを、初めて知りました。

知ったきっかけは、
ポストに入ってきた「チラシ」。

私の意識が、
食分野に敏感になったので、
気付いたのかもしれません。

行ったのが18時前なのですが、
ざっと、以下のような感じ。

行列大人気が、
函館名物「やきとり弁当」。
その他、弁当類は、殆ど売切れ。

惣菜、海産物、スイーツなど、
色々ありました。
でも、全体的にはそれほど、
混んでいない。

声をかけて欲しい私は、
ゆっくりと徘徊したのですが、
なかなか、声がかからず(泣)。

なので、立ち止まって、
私から話しかけて、
色々聞いちゃいました(笑)。

印象的な一言が
「道産品、札幌でセールスしてもね。」と。

このフレーズ、確か、
火曜日に参加した商談会でも聞いた気が。

札幌は私のように、
道外出身者も在住しています。

インバウンドや道外のお客様も、沢山います。
何より人口190万人を超える、大都市です。

道内出身の方々にも、
知られていない現実があるのでは?

「先入観」は
「商売」の損失じゃないかなあ。

そんなことを感じた、札幌での一日。