北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

「怖さ」を払しょくするのは「営業戦略」。

2019.12.07 (土)

 

 

 

ここ数週間ほど奇妙な偶然とも

言えるくらい「ヒト不足」の話を聞くことが

ホントに多いんです。何故だろう。。。

 

師走で忙しいから、よけい際立つ?

 

なワケないか。もはや構造?問題か。。。

特に首都圏以外の中堅中小企業さんは

ホントにご苦労されている。

 

私が拠点の一つとさせて頂いている北海道はもとより、

久々に出張した、関西圏でも同様の話を聞きました。

 

 

特に即戦力と称される、幹部人財の不足が深刻な様相。

 

 

私は人材エージェントじゃないので

人材紹介業務は出来ませんから

可能な限り、信頼できるエージェントをご紹介させて頂いたり

急を要する場合は、私がや弊社がブリッジCFOサービスを

ご提供するなどして、対応しています。

 

私も今年は学びの場などなどで、

「大企業にいる人財を中堅中小企業へ!」

なんて話も沢山聞きましたし

官民挙げてされてる色んな取り組みも

報道などで拝見しておりますが

正直、即効での効果は出てないと思います。

 

 

で、思うのがその

原因の一つが「怖い」からなんじゃないかと。

 

誰がって?「大企業におられる方々」です。

 

 

で、「何を」恐れているか?

 

「会社の安定性」や「給与待遇」もあるでしょうが

一番の理由は「未経験」だからじゃないかと。

 

 

中小企業で働いた経験がないので

中小企業の実情がワカラナイという「怖さ」。

 

 

人間は「ワカラナイ」という

モノやコトに「怖さ」を感じてしまう。

 

 

よく考えてみれば、この「怖さ」は、

人財だけの問題じゃなくて

自社がお客さまにご提供する、商品やサービスを、お客さんが

「ワカンナイ」&「知らない」だと、売れない。

 

にある意味、通ずる。

 

 

商売に関しては皆さん日々、不断の努力をされてる訳ですから

商売でお客さんに理解してもらう為に

考えて実行して効果が出ていることを

人財確保にも応用したらどうなのかなあ?

 

なんてコトをふと思いついたので

今日の駄文をしたためてみました。