北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

「業務提携」は「補完」の視点で。

2019.12.04 (水)

 

M&A業界では名の知られる存在に

なりつつある(株)トランビ。

同社代表の高橋さんの著作を読み

https://hokkaidopvgs.jp/date/2019/11/25/

共感するポイントが幾つもあったので、

私からご連絡を差し上げてみたところ

先方さんがわざわざ、訪ねてきて下さいました。

で、お会いして諸々お話しした結果

業務提携することになりました。

 

決めた理由は幾つもありますが
一番は同社のM&A事業に対する想いへの「共感」

もう一つの重要なポイントは

互いの「強み」と「弱み」を「補完」できる関係であること。

トランビは、事業や会社を

売りたい方と、買いたい方の「マッチング」の場を

提供することに特化している。

一方、M&Aはマッチングしたら終わりではなく、

様々な手続きや交渉もあるし

特に会社や事業の買い手さんは

「買って」からがスタートなわけです。

 

ところが現実は、

買った後に思うようにいかず、

残念なことになるケースが意外に多い。

この辺りの業務は非常に泥臭く、

正直言って、結構リソース使います。

つまり、

売り手と買い手が出会った後からが、お仕事の本番

私達が過去10数年取り組んできた

お仕事の一つなわけでございます。

が、そもそものスタートの「出会い」がなければ

何も始まらない訳でして、私達も業務としてやっておりますが

ぶっちゃけ、一番、大変なワケです。。。

なので私達からすれば、一番大変な相手先探しの

手段が広がるというメリットがある。

一方、トランビからすれば、売り手と買い手が出会った後に

専門家の情報と紹介も、自社サイトで出来るメリットがある。

長々と書きましたが

「業務提携」って様々な形があるし、締結する段階ではお互いに

金がかからないことも多いゆえに

安易に結んでるケースも見てきました。

それを絶対NGとは言いませんが、やはり、

契約を締結する以上「実効性」がないとね、意味がない。

至極当然ではありますが、お互いの「強みと弱み」を

キッチリ補完できる相手先と出会うためにも

自社の「強みと弱み」を「正しく把握」ですね。

スポンサードリンク