アーカイブ
archive

「目的ロスト」が「人手不足」の原因?

2018.12.02 (日)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【12月2日(日)】

<ダイジェスト>

東京都内で私用を済ませてから
夕方近くに羽田空港へ。

羽田空港からは新横浜へ
海外からのビジネスパートナーを送迎し
そのままホテルにチェックイン。

終日曇りで寒かった関東の日曜日。

 

 

 

<時々刻々の記>

午前中は自宅でお休みして
昼過ぎに自宅を出発。

 

滞在時間15時間で
2週間ほど再び留守に(汗)。

 

13時過ぎに
20年来のお付き合いの
カーディーラーさんに赴いて

とあるパーツの交換を保証サービスで(嬉)。

 

当初は2時間ほどかかる予定だったので
一角を借りて仕事モードに突入した矢先に

 

「完了しました」で拍子抜け(笑)。

 

宜しければゆっくりしてって下さいと
暖かいお言葉に甘えて(感謝)
マストタスクのみやっつけて

 

羽田空港国際線ターミナルへ
ノンビリと車を走らせるも
道路が激空きで15時過ぎに到着。

折角なので初めての
空港内のブラブラ見学を開始して(笑)

小腹が空いたのでラーメン食べて

16時半過ぎに
クライアントのFさんと合流し
カフェでチョイと打ち合わせして

二人で到着ゲートで
初対面の待ちビトをお出迎え。

人生初のオーストリア人の
ビジネスパートナーGさんと
いい加減な(汗)英語で挨拶して

 

三人で新横浜へ向けて
移動を開始して
18時半過ぎにホテル到着。

FさんとGさんのお気遣いに
素直に甘えて(感謝)
私もホテルにチェックインして

 

チョイと残務を片付けた後は
ノンビリゆったり晩酌して

日曜日を終えたのでありました。

 

 

 

________________________

■<2>「目的ロスト」が「人手不足」の原因?
________________________

縁あって?空港は
年間で少なくとも50回

 

多い年では100回近く
利用しますが

 

いつも動線は同じで
どこにも立ち寄ることなく(汗)
飛行機を乗り降りするだけなので

 

いやあ、空港内を
ブラブラするの、新鮮でした。

 

ましてや国際線なんぞは
6年前に搭乗したっきり(爆)。

 

へえー。館内放送は
英語が先で、日本語が後なんだ。

 

みたいなことに驚いたり(笑)。

 

やっぱ国内線ターミナルとは
何か漂ってる空気が違うとか(爆)。

 

イチバン新鮮だったのが
小腹が空いて入ったラーメン屋。

 

店長さんと思しき人以外
ホールもオープンキッチンも
全員、外国人スタッフ。

 

でもね、全く違和感なしで
テキパキ、キビキビ、イキイキしてて
なんだろう、居心地がいいんです。

 

もう言い古されてますが
日本では飲食店さんが(に限らずですが)
慢性的で深刻な「人手不足」です。

 

私のアタリが悪いだけかも
しれませんが、ここ最近
呑み会で訪れたお店の日本人スタッフが

 

「今、忙しいんだよ!」オーラを発して
こっちが気を遣ってしまい
アンマリ居心地が良くなかった

 

記憶が蘇っちまいました。。。。。

 

この差、何なんでしょうかね。。。。。

 

多分に勝手なる憶測ですが
私が羽田で出会った皆さんは

 

今は恐らく、個人も国も
日本に比べると経済的な豊かさが
少ないのかもしれません。

 

が、未来に希望を抱いているというか
個々人が目指したいものや
得たいものが明確にあって

 

その為に貪欲に、前向いている感じ。

 

人手不足の原因を論じる時に
給与や待遇、労働環境などが
真っ先に挙げられますし

 

それはいわんやでありますけど

 

実のところはもっと根深い
「ココロ」の問題というか

 

「目的」や「目標」をロストした
「日本の今」があるのでは?

 

なんてコトを飛行機に乗らない
羽田空港にて待ちビトが来るまでの間
ヒトリ、考えてしまったのでした。

____________________

 «   2018年 12月     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • 2018年12月 (9)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)