北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

「フカン」の「目」。必須ですよ。

2017.12.25 (月)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【12月25日(月)】

<ダイジェスト>

終日、札幌な一日。

 

 

予報ほどは荒れなかった?
ものの、寒ーい一日でした。

 

 

<時々刻々の記>

朝から年末のご挨拶回りを兼ねて
お客さまほかをご訪問。

 

 

昼ご飯を食べてちょいと
新聞読みながら一休みして

15時から、1か月弱ぶりに
Iさんと再会してミーティング。

 

Iさん、改めまして
よろしくお願い申し上げます!

そして、有難うございました!

 

終えて夕方、意気揚々と
約2週間ぶりに事務所に戻ると

覚悟はしてたけど
未決の書類と郵便物の山、、、

 

ちょっぴり意気消沈して(爆)
腹を括って一つづお片付け。

 

1時間強で処理を終えて
本来業務に戻った直後

いつもお世話になっている
K社長より急ぎの相談電話が。

 

ご恩返しのタイミング到来!
「はい、喜んで!」で
22時から面談のお約束。

 

後ろが決まったので
タスクの優先順位を見直して
一気呵成に業務を仕上げ

待ち合わせ場所に赴き

 

 

ご相談者であるTさんを交え

2時間ほどお話をお聞きして
アドバイスを申し上げました。

 

Tさん
諦めずに手を尽くしましょう!

 

暫し封印していた?

武闘派の血が騒いだ
熱いクリスマスナイトでした。

 

 

______________________

■<2>「フカン」の「目」。必須ですよ。
______________________

自分ゴトになると、猪突猛進で
のめり込んで目線が下がる私。

 

 

そんな私を「俯瞰」した目で
導いて下さるIさん。

 

 

毎度毎度、感謝と共に
お手数おかけして
スミマセン、、、

 

 

一方、私の本業でもある
COO&CFOサービスの

コンサルタントとしては
「俯瞰」できる私。

 

 

夜の緊急相談では
「俯瞰」した目で

 

直ぐに行うべきことや
どこに問題があり
どう改善すべきかを

アドバイスさせて頂きました。

 

 

ご相談くださった方は
モチロン真剣で真摯に

ここ数か月間の困難に
全力で立ち向かっています。

 

 

各論では専門家の方の
指南も受けていましたが

私が見る限り、残念ながら
その専門家が「俯瞰」せずに
個別最適を志向してしまい

良からぬ方向に
行ってしまったと。

 

 

つまり

物事を「俯瞰」して
全体最適を志向する役割の
COO&CFO的な

 

「目線」というか「機能」が
なかった訳です、、、

 

 

私も陥りがちなワナなので
ヒトゴトではありません。

 

 

「個別最適」のみならず
「全体最適」を志向できる
「俯瞰」の目を持つコト。

https://tetraforce.jp/service.html

 

強烈に脳裏に焼き付いた
クリスマスになりました。

 

____________________