北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

「アゲインスト」の時は「低い球」を撃つ

2017.06.21 (水)

こんにちは。
垰本泰隆です。

曇り空の札幌。
夜半からは大雨。

13時、某新聞社さまがご来社。
1時間半ほど、取材して頂きました。
誠にありがとうございました!

16時より19時まで、
「北海道太陽光発電普及協会」
の研修会、懇親会にスタッフと参加。

19時30分より、
一昨日もお世話になった
社長さん主催の
「ビジネスナイト講座」に参加。
新しいご縁と気づき頂戴し、
感謝・感謝!

ラストは、北海道進出以来、
ご厚誼を頂いているお客様と、
ススキノで、楽しく長い夜(笑)

「北海道太陽光発電普及協会」
の研修会と懇親会。
年に1回ありますが、ここ2年、
予定が合わず、久しぶりに参加。

この2年で、業界模様は激変。
弊社も勿論、皆さん、苦労され、
試行錯誤されています。

でも、「市場」のせいだ!
とか、「価格競争」のせいだ!
なんて、「グチ」で慰めあう、
会合ではありません。

今を乗り越えるために、
我々は、何を目指すべきか、
そのために、
どのように行動すべきか、
です。

会長さんの締めのお言葉
「アゲインストの時は、
球を低く撃ちましょう。」

静かな語り口なるも、
心に深く、深く刻まれました。

「やめる」のは簡単です。
「現状」を冷徹に「見つめ」
「撃ち方」を変えること。

ビジネスの本質に想いを馳せた一日。