北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

「古巣の変化」を見て。

2017.06.02 (金)

こんにちは。
垰本泰隆です。

曇りのち雨予想の札幌。
朝早い時間は、
雲の切れ間から
日差しが望めました。

夕方若干降りましたので
天気予報通り。

午前は外出、午後は事務所でお仕事。

昨日の続きを仕上げて、やれ一息、
とはいかず、
取材のインタビューシートを作成やら、
決裁だ事務だと、
何だかんだであっという間に21時。

馴染みの店でちょっと寝落ち気味(笑)。

今日はかなり早くに起きまして、
NHKを何気なく見てましたらね、
「進化する駐車場ビジネス!」
何てやっていました。

今の仕事には関係ないのですが(笑)
独立前に駐車場会社にいたものですから、
つい見ちゃいました。

街中でも他の人よりは
関心を持って見ちゃう私ですが、
この10年で、進化していますね。

そもそも、私が在籍していた時
「カーシェア」も、
「スマホ」もなく。

今や、
カーシェアのユーザーが108万人。
車両台数は24,000台。

「スマホ」で「予約」して、
「カード」で「決済」して、
個人宅などの空き駐車場を予約できるサービスも。

私が在籍していた、
10数年前では想像もできませんでした。

首都圏ではまだ供給不足の駐車場。

でも、
「少子高齢化」
「若者のクルマ離れ」
などを睨んで、イロイロ変わっている訳です。

「変化への対応を先取りして即実行。」

弊社のような中小企業こそ
「やらねば」。

古巣の業界ニュースを見て考えた一日。