北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

アーカイブ
archive

「同じ」だけど「違う」。

2017.06.14 (水)

こんにちは。
垰本泰隆です。

快晴の福岡の一日でした。
最高気温、27度!
日差しは強かったですが、
湿度が低く、快適!

終日、建物の中でお仕事。
14時前に遅い昼食のついでに、
毎月恒例(?)の櫛田神社へ参拝。
山笠の準備が着々と。
私以外、殆どインバウンドのお客さん。

さあ、そろそろ、終わり!
と思った矢先に、お客様からお電話頂き、
打ち合わせ開始。
計3本の電話を終え、時計を見ると、
間もなく、21時・・・・・

慌てて飛び出し、
会食の待ち合わせ場所へ。

いつも歩いている場所なのに、
電話しながら歩いたせいか、注意力散漫・・・
道に迷って、ようやく到着。

福岡の美味しい焼き鳥と焼酎で乾杯!

月曜日の夜、
鹿児島のホテルで、PCに向き合いながら、
NHKを流し聞いていた時に、
「高知県大川村が、
議会を廃止して村総会設置の検討を開始」
というニュースが。

確か、
北海道の自治体の名前も出ていた気が・・・
翌日は、全国紙、地元紙共に、
そのニュースを掲載。

これで終わりかと思いきや、
九州の地元紙は、小さなコラムでしたが、
本日も掲載していました。

各紙の論調は、当然、様々ですし、
「事実」を知るだけなら、
TVでも、ネットでも、新聞でも
「知る」ことは出来ます。

ただ、受け止める側の事情や立場で、
それをどう「解釈」するか、
それを我が事としてどう「活かす」か、
「考える」かは、
当然ながら、人それぞれです。

私も、東京中心の生活をしていた昔であれば、
間違いなく聞き流して、読み流して、
「ふーん。そうなのだ。」
で終わったと思います。

末席で地域の様々な
お手伝いをさせて頂いている者として、
「事実」だけを見て、
「知ったふり」
になってはならないなと。

「受け止めて」
「考えて」
「活かすこと」
「解決の努力をすること」
を改めて痛感した次第。