北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

その他
etc

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【7月14日(金)】

数値的には
昨日より湿度が低い(?)
でも暑い東京。

午前中は外出先で、
みっちりデスクワーク。

ちょっと時間を読み違え(汗)
慌てて
日比谷線 神谷町駅へ移動。

炎天下、
早歩きで汗だくに(泣)。

二日連続で
芝公園の機械振興会館へ。

14時から(一社)
流通問題研究協会さん主催

「研究交流会」
に参加。

会場は大入り満員。

16時に終了。

終了後は心友であり
ビジネスパートナーであるT氏と
浜松町駅へ移動。

構内の昭和(?)な喫茶店で
打合せ。

終了後、浜松町から品川へ。

金曜の夕方であることを
忘れていました。

構内・ホーム・車内と
大混雑の新幹線。

何とか着席して熱海まで移動。

熱海からは伊東線
伊豆急行線を乗り継ぎ、

19時30分
伊豆高原駅に到着。

偉大なる大先輩に
お迎えに来ていただき、
ご邸宅へ。

高原だけあって(?)
エアコンいらずの快適な
金曜日の夜。
____________________

■<2> 「垣根」も「境界」も消滅?
____________________

今週は木曜と金曜の午後
インプットに勤しみました。

インプットしてくださったのは
業界・職種・立場も
バラバラな方でしたが、

お三方に共通したキーワードは

「モノ」より「コト」

今回を含め、日々の学びや
様々なことを整理しながら、
今、強く感じていること

既に始まっていますが

「業態の垣根が低くなる」。

もっと過激に言えば

「業界」の「境界」が

なくなるかもしれません。

その背景には

「少子高齢化」

「市場の縮小」

「担い手不足」

などが挙げられます。

一方、見方を変えれば

「収益源の多角化」

「経営資源の有効活用」

などのチャンスでもある訳です。

先ずは自ら、実践第一。

そしてお客さまに
この視点からも貢献できるよう、
日々、研鑽です。
____________________