ご縁ゴト
goengoto

「垣根」も「境界」も消滅?

2017.07.14 (金)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【7月14日(金)】

数値的には
昨日より湿度が低い(?)
でも暑い東京。

午前中は外出先で、
みっちりデスクワーク。

ちょっと時間を読み違え(汗)
慌てて
日比谷線 神谷町駅へ移動。

炎天下、
早歩きで汗だくに(泣)。

二日連続で
芝公園の機械振興会館へ。

14時から(一社)
流通問題研究協会さん主催

「研究交流会」
に参加。

会場は大入り満員。

16時に終了。

終了後は心友であり
ビジネスパートナーであるT氏と
浜松町駅へ移動。

構内の昭和(?)な喫茶店で
打合せ。

終了後、浜松町から品川へ。

金曜の夕方であることを
忘れていました。

構内・ホーム・車内と
大混雑の新幹線。

何とか着席して熱海まで移動。

熱海からは伊東線
伊豆急行線を乗り継ぎ、

19時30分
伊豆高原駅に到着。

偉大なる大先輩に
お迎えに来ていただき、
ご邸宅へ。

高原だけあって(?)
エアコンいらずの快適な
金曜日の夜。
____________________

■<2> 「垣根」も「境界」も消滅?
____________________

今週は木曜と金曜の午後
インプットに勤しみました。

インプットしてくださったのは
業界・職種・立場も
バラバラな方でしたが、

お三方に共通したキーワードは

「モノ」より「コト」

今回を含め、日々の学びや
様々なことを整理しながら、
今、強く感じていること

既に始まっていますが

「業態の垣根が低くなる」。

もっと過激に言えば

「業界」の「境界」が

なくなるかもしれません。

その背景には

「少子高齢化」

「市場の縮小」

「担い手不足」

などが挙げられます。

一方、見方を変えれば

「収益源の多角化」

「経営資源の有効活用」

などのチャンスでもある訳です。

先ずは自ら、実践第一。

そしてお客さまに
この視点からも貢献できるよう、
日々、研鑽です。
____________________

目指せ!「あなたにお任せ」

2017.07.13 (木)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【7月13日(木)】

朝から暑く夏空の広がる東京。

午前中は東京事務所で、
スタッフと3つのテーマで
ブレストを実施。

13時過ぎに事務所を出発。
地下鉄で御成門駅へ。

初めて「御成門」の実物を
横目に見つつ、

14時から(一社)
流通問題研究協会さんの
月例勉強会にスタッフと参加。

終了後は、
一緒に勉強会に参加している

心友であり、
ビジネスパートナーであるT氏と

一次会は神谷町で
ビールとワインを頂きながら

学びの復習を兼ね
諸々ディスカッション。

二次会は銀座で
ハイボールを堪能。

日付変更線前ぎりぎりに(笑)
東京自宅(実家)に
ただいま。
____________________

■<2> 目指せ!「あなたにお任せ」
____________________

月例で参加している
勉強会。

正式名称は
IDRチャネル戦略研究交流会。

毎度毎度
ビジネス直結の役立つ

事例や知識を
授けて頂いています。

今回は
大手シンクタンクと

大手食品製造業から
講師をお招きしてお勉強。

両先生から
ここが最大公約数だなと
私が感じたのは

「モノ」より「コト」です。

言葉自体は今や、目新しく
ないですが、

それを裏付ける
シビアなデータを見せられ。

「コト」にシフトする顧客へ
「モノ」を売るための
メーカーとしての半端ない努力。

こういう「生」を
勉強させてもらっています。

更に新化しつつあるのが、
「考えずに買いたい」

言い換えれば
「あなたにお任せ」です。

私はこのキーワードに
我々中小企業の目指すべき
一つの姿があると強く共感。

「あなたにお任せ」

もっと言ってもらえるよう

言い続けてもらえるよう

精進していきます。
____________________

「境目」に身をおいてみる。

2017.07.12 (水)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【7月12日(水)】

朝から暑い札幌。

早朝、スタッフと軽く
電話で打ち合わせからスタート。

午後、某大手グループ企業さまが
ご来社下さり、

再生可能エネルギー関係の
情報交換や
打ち合わせなど。

わざわざご来社くださり、
誠にありがとうございました!

その後は事務所でお仕事の後、
夕方、新千歳空港へ移動。

二週間ぶりに東京へ。

21時前なのに、
うだるような暑さ。

事務所近くの
ホテルにチェックインし、
メールチェックを済ませ、

ビールとハイボールで
締めた一日。
____________________

■<2> 「境目」に身をおいてみる。
____________________

以前も折に触れ、
ブログやメルマガに
書いていますが、

善し悪しは別にして、
再生可能エネルギービジネス

「環境激変」しています。

少なくとも日本においては
「大量生産」「大量販売」の
ビジネスは終焉したかなと。

別な言い方をすれば、
「ハード(商品)」は
それなりに普及したので、

「ソフト(サービス)」の
フェーズなのかなと。

軸足の置き方は、環境に応じて
柔軟に変える必要があります。

でも、
「ソフト(サービス)」
をちゃんと提供するには、

「ハード(商品)」にも
対応できないとダメ。

それに対応する為には
ソフトとハードの
「境目」

に自社をポジショニングする。

どの分野のビジネスでも、
意識する必要ありかなと。
____________________

「アタマ」で汗をかく効用。

2017.07.11 (火)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【7月11日(火)】

終日、札幌市内と事務所で
デスクワーク中心のお仕事。

午前中、
いつもお世話になっている方から
お電話を頂き、

迷っていた秋のイベントに
「参加」を決定(笑)。

直ぐにスタッフに電話して
日程調整など。

午後は知り合いの方や
ご紹介を受けた方から、

お電話やメールを頂戴し、
打ち合わせやアポの調整など。

今日も皆さまに
お約束やご紹介を頂き、
感謝の一日。

夕刻からメインテーマの
重い宿題を二時間ほど。

帰り道にある
狸小路商店街。

22時過ぎなのに、
インバウンドのお客さんで
大混雑。

馴染みの店で
ビールとスタミナ食で
乾杯!
____________________

■<2> 「アタマ」で汗をかく効用。
____________________

今日は夕方から二時間ほど、
来週末に期限が迫った

宿題の締め切りに向けて、
かなり集中して作業を実施。

来週末までに社内で二回、
徹底的にブレストし、

完成形にしていきます。

この宿題、一番苦しいのが

「字数制限」

があることです。

「伝えたいこと」

「言いたいこと」

山ほどあるので、
収まらずに悪戦苦闘。

敢えて制約を設けて、
頭で汗をかきまくる
トレーニング。

コミュニケーションや
ビジネスで、
かなり活きてきます。

一度、お試しくださいませ。
____________________

「一本の糸」は「一人」から始まる。

2017.07.10 (月)

____________________

■<1> 垰本泰隆の一日。
____________________

【7月10日(月)】

朝から蒸し暑い札幌。

午前は、5年前に
実績ゼロだった
弊社の商品を

「初めて」
購入して下さった
お客さまから

リピートオーダーを頂戴し
大感謝からスタート。

午後からはデスクワーク。

夕方、社長さまを筆頭に
皆々さまに
大変お世話になっている
某企業さまがご来社。

新しい商品のご提案を頂き、
弊社サービスとの親和性を
「ビビッ」と実感。

ご無沙汰している
北海道ご出身で

東京で活躍中の方から
アポのご連絡を頂いたり。

盛り沢山の一日。

夜半になっても蒸し暑く
我慢できずにいつもの店へ。

常連さんに囲まれて
ビールで乾杯!
____________________

■<2> 「一本の糸」は「一人」から始まる。
____________________

本日、ご来社いただいた
某大手グループのIT企業さま。

初めて社長さまにご面識を
頂いたのが

ベンチャーキャピタル在職時の
20代後半でした。

その後、10年近くご無沙汰
していたのに、

共通の知人(大先輩)のお蔭で、
お仕事をご一緒させて頂き

ミッション完了後また
ご無沙汰していました。

ひょんなことから
昨年からまたまた

何かとお世話になりっ放しです。

この不思議なご縁の始まりは

「一人のヒト」です。

言うならば「一本の糸」が
ご縁を繋ぎ、繋ぎとめている。

人脈を拡げること
ビジネスに不可欠ですが、

「一人のヒト」から紡がれる
「一本の糸」を大切に紡ぐ。

結果として深みと拡がりに
繋がる一番の早道かと思います。
____________________