北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

登記簿謄本上で非公開にできることに「賛成!」その理由は以下の通り。

2024.01.05 (金)

 

昨年12月25日の
日経新聞一面に掲載された、

(以下、見出し)
「会社代表者の登記住所
希望者は非公開に、来年度にも」

の件で、

所管する法務省が
パブリックコメント
(意見公募)(以下、パブコメと表記)
を行っています。
https://x.gd/Rr8IB

普段はパブコメをすることは
まずないですが
正月モードでまだ暇なので(笑)

今回はやってみた(^.^)

垰本泰隆は結論「賛成」です。

その理由を
ざっくり書くと以下の通り。

法人の登記簿謄本は
わずかな手数料を払えば
誰でも手に入れることができる。

日経記事にもあるとおり
個人情報である自宅住所を
悪い輩が簡単に手に入れた結果、

脅迫やストーカー行為など
不正利用される可能性がある。

垰本泰隆は
幸いにも強面が功を奏し?
上記のような被害は受けていないが

某金融機関の夜討ち朝駆けに
あったことがあります(爆)

あ、ちなみに
借金の取り立てじゃなくて(笑)

うちで資産運用してくれという
営業マンの来訪でした。。。

私がどんな応戦をしたか
親しい方は容易に
想像がつくでしょう♪

また、内容を見るかぎり
謄本で取得したんだろうなあと
思しき相手から
いらぬDMが送られてくる・・・

会社代表者に
プライバシーはないと
思われる方もいるでしょうが

私ひとりだけが
嫌な思いをするならまだしも
家族までとばっちりを
くらいますのでね、

ぜひ、
法人登記簿への掲載は
非公開にしていただきたい。

そして、上記を理由に
起業を躊躇う人がいれば
政策的にも本末転倒じゃね?

てなことを
少々かしこまった文書で
パブコメした次第です。

とはいえ
賛否両論あるのは世の常。

代表者個人の
自宅住所を今まで通り公開すべきという
意見もあります。

その理由の代表例は、
悪質商法や詐欺行為など
悪いことをする企業から
被害を受けた方々が
訴訟を提起する際の
妨げにならないようにとのこと。

うん、たしかに一理ある。

ので、そこについても
私なりにどうすれば
その懸念を回避できるか?

について
併せてパブコメしときました。

長くなったので
今日はここまで。続きは後日♪

=====================

↓ビジネスに役立つ気づきを無料配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2024年 6月     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • 2024年6月 (9)
  • 2024年5月 (21)
  • 2024年4月 (21)
  • 2024年3月 (31)
  • 2024年2月 (29)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)