北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

人口減少、市場縮小、差別化できない商品という三重苦を、どうやって乗り越えてきたのか?

2023.06.10 (土)

 

岩手県盛岡市にある、さわや書店。

東京で生まれ育った
垰本泰隆がなぜ知っているかというと

母の郷里が岩手県で
子供の頃に

さわや書店で
本を買ってもらうなど
馴染みがあったから。

加えて、さわや書店は

『文庫X(エックス)』
の企画を手掛けるなど

地方の一書店でありながら
なにかと話題になるので

その名を忘れずに
済んだというわけw

そんな
さわや書店の
現役書店員である
栗澤順一さんの著書

『本屋、地元に生きる』↓

を偶然見つけ、買って読んだ。

読後感を
結論から述べれば

地方で事業を営む
中小企業の経営者や
現場の方々に
一読を強くおススメしたい。

人口減少で商圏が縮小する地方、

どこで買っても同じな
本という差別化できない商品、

さらには本離れで
マーケットが
15年で30%も縮小と

三重苦の環境下にある
地方の一書店である
さわや書店。

そこに所属する著者が

何に目をつけて、
何を仕掛けるのか、

それをどうやって
全国に広げるのか、

どうやって
大型書店と差別化するのか、

などなど
中小企業経営者なら、
知りたいビジネスのヒントが
びっしりと詰まっています。

たくさんの事例のなかで
私が一番印象に残ったのが
「減塩新書 いわて健民」。

これ、本ではなく
なんと醤油です!

書店員である著者が
なぜ醤油の販売までを
手がけるようになったのか?

その裏側や、地方での
ビジネス展開のヒントを
知りたい方は是非

『本屋、地元に生きる』↓


を、読んで欲しいですが
著者の考えの一部を
著作より以下、引用紹介します。

===ここから===

書店員がどうして
醤油の開発をして、
書店の店頭で販売しているのか!?

と驚かれた人もいるかもしれません。
私にしても、当たり前のこととして
醤油の開発に関わったわけではありません。

自分のやっていくことに枠組みをつくらず、
どんなことでも敬遠しないで
やってきた結果としてのことなのです。

===ここまで===

そしてさらに
私が感じ入った一文を
紹介すると

===ここから===

盛岡市の人口は約30万人です。
誤解を恐れず言うなら、
そのうち25万人に嫌われてもいい。

残り5万人に
「おもしろい本屋だ」と
思ってもらえることを目指していこう。

===ここまで===

地方のビジネス環境は、
先にも書いたような要因で
逆風が吹いている状況が多い。

が、本書を読めば、
まだまだやれることがあると
感じるはずだと自信を持って言える。

地方で事業を営む
中小企業経営者の皆さん、
現場で奮闘している皆さん、

自社の「●屋」の
枠を超えた事業の創造の
ヒントを与えてくれる

『本屋、地元に生きる』↓

是非、読んでみてくださいませ。

__________________

↓ビジネスに役立つ気づきを無料配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2023年 12月     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • 2023年12月 (5)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)