北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

今だからこそ、読んでおきたい一冊⇒ANA苦闘の1000日。乗客が9割消えた・・・

2022.11.12 (土)

 

2015年に
民事再生法の適用を申請し
上場廃止となった

スカイマークが
東証から上場を承認された↓
http://bit.ly/3EqAVso

スカイマークが
経営破たんした理由は
コロナ禍によるものではないが

人の流れが
元に戻りつつある
タイミングでの再上場

余計なお節介ですが(笑)
同じ轍を二度と踏まぬよう
頑張ってほしいですね(^.^)

皆さんもご存じのとおり
航空業界はコロナ禍で
もっとも苦しんだ業界の一つ。

垰本泰隆も出張で
コロナ禍の最中でも
毎月搭乗していたが

いままでに
経験したことがない
ヒトケのない空港や機内で
呆然とした気持ちを抱いた。。。

ので、今は
ほぼ平常に戻り
ああ、良かったなあ(^.^)

なんて思いを
勝手にいだいてますw

てな感じで、
コロナ禍の苦しみが
過去のものになりつつある最中に

日経ビジネスの記者である
高尾泰朗
(たかお・やすあき)さんが
9月に上梓した

「ANA苦闘の1000日」↓

ANA 苦闘の1000日


を、読んだ。

感想を一言でいえば
「凄まじい」につきる。。。

著作のなかにあった
「なりふり構わぬ」
という言葉のとおり

乗客が
9割も減った中で
どうやって生き残りを
かけたのか?

が、克明に記されている。

でもさあ
ライバルのJALだって
経営破たんしたけど
消滅せず復活したよね?

ANAだって
大きすぎて潰せないから
いざとなったら
国がなんとかしたんじゃないの?

それにだいたい
そんな超大企業の話は

中小企業にとって
参考にならないでしょ?

なんて思うかたも
いるだろうし

一部について
反論しがたいこともあるm(__)m

が、垰本泰隆は

「ANA苦闘の1000日」↓

ANA 苦闘の1000日


を読み
航空業界以外のかたや
中小企業にとって
参考になることが
多々あると感じた。

それを要約して
三つだけ紹介すると

「危機において
手元資金を切らさないために
いかなる先手を打つべきか」

「本業で培ったリソースを
ほかの稼ぎにどうやって
振り向けるか?気づけるか?」

「いかに安く仕入れるか?
から、いかに高く売るか?」。

どうでしょう?

業種業界に関係なく
企業規模も関係なく
役立つ取り組みじゃないかな。

そして危機のさなかに
陣頭指揮をとった
ANAホールディングス
片野坂社長(現:会長)の言葉。

「危機感をあおってはならないが
正しい情報を伝えることこそが大事」。

会社が一丸となって
難局をのり切るときの
経営者のあるべき姿だと

垰本泰隆は感じた次第。

「ANA苦闘の1000日」↓

ANA 苦闘の1000日


コロナ前が
復活しつつある今こそ
教訓として
読んでおきたい一冊。

手に取ってみてください。

____________________

↓ビジネスに役立つ気づきを無料配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2024年 5月     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • 2024年5月 (16)
  • 2024年4月 (21)
  • 2024年3月 (31)
  • 2024年2月 (29)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)