北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

借金じゃない「負債の部」を増やすと、年収が10倍アップする?!

2022.10.23 (日)

 

皆さんは貸借対照表
(以下、バランスシート)の

「負債の部」と聞いて
なにを思い浮かべますか?

やっぱり借金ですかね(爆)

垰本泰隆もそう思ったw

が、負債の部を

・勉強のための費用
・情報収集の費用
・勉強や情報収集にかける時間

と定義し

慣れるまでは「負債」を惜しまず
「資産」の量を増やしましょう!

バランスシートを使って
あなたの資産を倍増させよう!

と、
見開き1ページ目に
カラーで図解している
実に面白い本を読んだ♪

その本とは

フジテレビのLive News α
レギュラーコメンテーターをつとめ

プレジデントオンラインほか
多くの媒体で連載をもつ

経済アナリストの
馬渕磨理子
(まぶち・まりこ)さんの著作

『収入10倍アップ高速勉強法』↓

京大院卒経済アナリストが開発! 収入10倍アップ高速勉強法


じつに直截的なタイトルだが(笑)
中身は著者の人柄を感じさせる
誠実かつ丁寧でわかりやすい内容。

経済アナリストという肩書から
自分には縁遠いと
感じる方もいるかもしれない。

が、著者は

『スキルも知識も
「基礎固め」が9割。』

『基礎を学ぶとは、
物事の本質をつかむこと。』

と、述べつつ
みずから実践した方法を
惜しむことなく披露しており

それらは業種業界を超え
あらゆるビジネスパーソンが
参考にし、実践できると思う。

『収入10倍アップ高速勉強法』↓

京大院卒経済アナリストが開発! 収入10倍アップ高速勉強法


見開き2ページ目には
著者が実践する
仕事×勉強の一体改革
14箇条が載っていて

垰本泰隆の
自己採点は8点でした。

永遠にできそうも
ないのが1つあったが(爆)

皆さんもチェックして
1つでもいいから
実践してみてはいかがでしょ♪

んー。でもさあ
著者はもともと頭がよく
高学歴でハナから成功者じゃないの?

と、じつは
著作を読むまでは
垰本泰隆もぶっちゃけ
そう思ってましたが(汗)

実のところは違うようです。

著者はみずからの
就職活動と就職後の失敗を
著作で披露したうえで

就職直後の年収は
260万円だったが

今の年収は
2,600万円以上と
赤裸々に明記している!

これ以上の
説得力はないと思うのは
垰本泰隆だけでしょうかねw

『収入10倍アップ高速勉強法』↓

京大院卒経済アナリストが開発! 収入10倍アップ高速勉強法


ビジネスパーソンはもちろんだが
就活生にも参考になると思うよ(^.^)

ぜひ、読んでみてください。

____________________

↓ビジネスに役立つ気づきを無料配信!
メルマガ「ご縁ゴト」お申し込みは下記より↓
https://bit.ly/3o1Odl1

スポンサードリンク
 «   2024年 6月     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • 2024年6月 (9)
  • 2024年5月 (21)
  • 2024年4月 (21)
  • 2024年3月 (31)
  • 2024年2月 (29)
  • 2024年1月 (31)
  • 2023年12月 (31)
  • 2023年11月 (30)
  • 2023年10月 (31)
  • 2023年9月 (30)
  • 2023年8月 (31)
  • 2023年7月 (31)
  • 2023年6月 (30)
  • 2023年5月 (31)
  • 2023年4月 (30)
  • 2023年3月 (31)
  • 2023年2月 (28)
  • 2023年1月 (31)
  • 2022年12月 (31)
  • 2022年11月 (30)
  • 2022年10月 (31)
  • 2022年9月 (30)
  • 2022年8月 (31)
  • 2022年7月 (31)
  • 2022年6月 (30)
  • 2022年5月 (31)
  • 2022年4月 (30)
  • 2022年3月 (31)
  • 2022年2月 (28)
  • 2022年1月 (31)
  • 2021年12月 (31)
  • 2021年11月 (30)
  • 2021年10月 (31)
  • 2021年9月 (30)
  • 2021年8月 (31)
  • 2021年7月 (31)
  • 2021年6月 (30)
  • 2021年5月 (31)
  • 2021年4月 (30)
  • 2021年3月 (31)
  • 2021年2月 (28)
  • 2021年1月 (31)
  • 2020年12月 (31)
  • 2020年11月 (30)
  • 2020年10月 (31)
  • 2020年9月 (30)
  • 2020年8月 (31)
  • 2020年7月 (31)
  • 2020年6月 (30)
  • 2020年5月 (31)
  • 2020年4月 (30)
  • 2020年3月 (31)
  • 2020年2月 (29)
  • 2020年1月 (31)
  • 2019年12月 (31)
  • 2019年11月 (30)
  • 2019年10月 (31)
  • 2019年9月 (30)
  • 2019年8月 (31)
  • 2019年7月 (31)
  • 2019年6月 (30)
  • 2019年5月 (31)
  • 2019年4月 (30)
  • 2019年3月 (31)
  • 2019年2月 (28)
  • 2019年1月 (31)
  • 2018年12月 (31)
  • 2018年11月 (30)
  • 2018年10月 (31)
  • 2018年9月 (30)
  • 2018年8月 (31)
  • 2018年7月 (31)
  • 2018年6月 (30)
  • 2018年5月 (31)
  • 2018年4月 (30)
  • 2018年3月 (31)
  • 2018年2月 (28)
  • 2018年1月 (31)
  • 2017年12月 (31)
  • 2017年11月 (30)
  • 2017年10月 (31)
  • 2017年9月 (30)
  • 2017年8月 (31)
  • 2017年7月 (31)
  • 2017年6月 (30)
  • 2017年5月 (31)
  • 2017年4月 (23)