アーカイブ
archive

減ってるどころか、実は2倍に。

2019.05.02 (木)

 

 

 

突然ですが(^^;)
皆さん「車」はお好きですか?

私はどちらかと言えば
「好き」の部類に入るかもです。

 

昨今「車離れ」と言われて久しく
国内では
車の販売台数が減少傾向という

報道がとかく目立ちます。

 

が、とある数字を見て
意外というか、ビックリというか。。。

何でも「昭和」から「平成」に
元号が変わった年の
車の登録台数は「3,071万台」。

 

が、「平成」から「令和」に変わった
今年の車の登録台数は「6,158万台」。

 

ざっと、2倍に増えてます。。。

繰り返し「車離れ」という
「言葉」を刷り込まれた
私のアタマは

 

当然「減少」
しているものと思ってました。。。

 

短いサイクルで
バンバン新車に
「乗り換える」みたいな

 

需要は確実に
減っているんでしょうが

 

「所有」は減っていても
「カーシェアー用」の車が
伸びてるのかもとか

 

イロイロ想像しちゃいましたが。

私の妄想?想像?はさておき

 

定性情報だけで
 或は一面を捉えた数字だけで
  物事を判断してしまうの、危険だなと。

 

新しい「ハード(製品)」が
売れないから、どうしましょ?
もうダメだと決めつけるのではなく

既に売れた、お客さまが
所有されている「ハード(製品)」に
  ご提供できる「サービス」は、ないものか?

 

自動車業界に限らず
他の業種業態でも
応用できる「複眼思考」

ゴールデンウィークに
自分の業界について

 

妄想してみるのも
休みボケを防ぐのに有効かも。

 

そんなことを考えたのでした。