北海道PVGSは「地域活性化のプロデュース」を行う会社です

ご縁ゴト
goengoto

大が小をかねない場合って、どんなとき?

2018.07.08 (日)

 

仕事とは、何故か不思議と
重なる時に重なるもの。

いや、本当にあり難くて
「ハイ・イエス・喜んで」以外の
返事はございませんので

謹んでお受けいたします!

とまあ、ヒトリ語りの宣言はさておきw

規模や業種業態を問わず
欠かせないのは人材。

不足している人材は

スカウトしてくるのが
手っ取り早い訳ですが

ご承知の通り、今や人材は争奪戦で
もはや、お金では解決できない状況。

私のところには
特にCFO(最高財務責任者)や
それに準じた幹部候補生の

人材に係る相談が多く寄せられますが
外部から採用する場合の

数多ある留意点のうち
最も大事だと思える点を一つだけ。

大が小をかねるとは限らない。

よくクライアントから
「CFOが欲しい、CFOを育ててほしい。」と

オーダーを頂くのですが
コワークしてみると

全体を俯瞰し、差配するリーダーシップと
時に各論を自ら推進できる実務遂行能力を

兼ね備えている人材はそうそういない。

でも中堅中小企業で
実務を遂行しない純粋な管理者を

雇えるだけの余裕はない。

ところが、外部から
いきなりCFOを招へいしてみると

各論をやらねばならないのに
手が動かず、期待外れみたいな
ミスマッチがよく起きているんです。

たとえば
決算書は読めるけど、決算書は作れない、みたいな。

とまあ、長々と書きましたが
人材に限らず

外部にオーダーを出すときには
求めるスキルや、やって欲しいことを

遠慮せず、カッコつけずに
細かく分解してオーダーしましょうね。

細かく分解する作業は面倒だけど
後々にミスマッチが生じた時の手間や
リスクを考えたら
遥かに、いいと思いますよ。

ここ数日そんなことを考えております。

スポンサードリンク
 «   2021年 12月     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031